なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本場成都の【汁なし担担麺】」@雲林坊 秋葉原店の写真小麻婆丼とのセット1250円(単品900円)。こだわりの醤油漬け120円も追加。
2018.12.17(月)、20:30前訪問。中待ち3、外待ち1人。お冷はレモン水。卓上調味料なし。
ネットで調べてみると、そのままでも結構辛いというコメントが多いので、辛さ指定はなしで。

メニュー説明書き概要↓
全粒粉麺。契約農場からの老鶏と北海道産ホタテ干し貝柱スープ。
四川朝天辣椒と唐辛子のブレンド辣油、芽菜(玉荷青菜の芽の塩漬)、四川朝天辣椒、唐辛子、四川花椒。
甜醤油と山西省の黒酢ベースのタレ。

挽肉、炒りごま、ナッツがドサッと。
ベースに少しだけ甘みを感じる醤油系の味わい。
辣は弱め。普通の辣油くらいしか唐辛子の辛味はないかも。
山椒がじわりじわりと効いてくる。
そこまで強くはないが段々と麻が支配的に。
汗だくにはなるが、舌が壊れるほどではなし。
黒酢は微かにくらい。もう少し酸味があった方が好みかも。

断面正方形寄りの長方形。
中太〜やや太めくらいのほぼストレート麺。
加水は若干低めか。コシあり、やや硬め。
中国の麺っぽくないが旨い。
麺量は普通。

ほうれん草はまあ合う。
芽菜は極小微塵が少し。探さないと気が付かないくらい。
小さいのをひとつ口に含んでみると、酸味があって旨い。
コレがドサっと入ると旨さが倍増する気がする。
有料トッピングでも置いてほしい。

スープには白ネギ微塵少し。貝は強く出てないが、なんとなくわかるか。
塩気控えめコクは弱め。あくまで添え物のスープといった感じ。

麻婆丼は豆腐に味わいが沁みておらず。
辛さの休憩になるが、そこまで辛くもないからな。。
コクちょっと弱め。豆腐で全体が薄くなるのもあり。
山椒で味が少し飛んでいる状態だと、だいぶ味が薄い。
コチラも辣は弱め。黒くなった唐辛子は香ばしくて旨い。

麻婆はライスをほぼ使わず、最後はおススメの食べ方で。
担担麺の余った具とタレ、ライス、味玉を混ぜて。
味玉は五香粉っぽい風味の効いた醤油味。
普通に旨い。

麻はいいが、辣が弱く、ベースの味も力強さがちょっと足りない気がした。
久々に担担を食べたが、やっぱりもう担担系は飽きてしまったな。。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは!

此方の汁なし担々麺も「本場成都の」なんて表題が付いたんですね!?
マジで本場の成都で担々麺をいくら頼んでも絶対にこんな奴出て来ないですよ!^^;
相変わらず「本場…」とかの言葉で騙し騙されるのは哀しいですね。。。

4門 | 2018年12月23日 15:23