なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「【限定】火山 :中辛 ※チャーシュー代替 ※㋗で500円」@ハルピンラーメン 松本並柳店の写真2月某日、夕、本日は松本のオフィスでのミーテイング。しかしながら昼休み前のクレーム対応で昼ラーが食えなくなった。午後からの会議の後、急遽市内巡回となったついでにこちらの店に突撃する。

ご存じ唯一無二の「ハルピンラーメン」がウリのラーメン店。通し営業なのでこんな場合には都合がイイ。そしてこちらもグルメ情報誌「どうずら」でのお得な一杯が得るので突撃してみる。

16:05着、先客無し、カウンター席に着座、後客無し。早速店長?に「どうずら」の‘火山’(1000円税込)が500円になるページを示し、例によって我が宗教上、鶏肉がNGであるからして「唐揚げをチャーシューに変えられん?」と注文。

こちらの一杯も過日の「ハルピンラーメン 塩尻広丘駅前店」と同様に唐揚げが標準装備なので代替にチャーシューを希望する。快く受けてもらい、「辛さが普通、中辛、激辛から選べます」に「激辛って辛い?」と問うと「か~なり辛いです」。なのでチョイと怯んで「中辛」でオーダーする。この品、「松本並柳店限定」で「自家製ハバネロラー油使用」とある。うむ、確かに辛そうだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、山盛りの辛ネギ、輪切り唐辛子、モヤシが、赤茶色みがかったスープに乗っている。本来はチャーシューの代わりに唐揚げが2個装備されるのだが、特別にチャーシューに代替がなっている。

スープから。細かな背脂の浮くスープは中粘度のトロミがかっており、ドロドロで少な目。豚骨ベースと思われる動物感のあるスープは、如何にもハバネロらしい独特の風味と刺激的な辛味に覆われており、かなりのスパイシーさを発散している。「ラー辛党」を自認する私的にも久しぶりにかなりの辛さを認識する。しかしながらハルピン寝かしダレ由来の甘味と旨味も多分にあるので、無理なくイク事が出来る。身体は正直に反応するので発汗は止まらないものの、ストレス無くレンゲは進む。実に美味いハードスパイシーハルピンスープである。

麺は断面四角のゆるいちぢれのある中太麺。茹で加減やや硬めが良く、モチモチとした食感がイイ。ドロドロのハードスパイシーなハルピンスープもどっぷりと絡め捕って来る。なので辛いのであるが、実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚モモチャシュー。薄切りながらもデカくて、極薄味付けなので豚モモ肉の旨味が味わえる。スパイシーハルピンスープを絡めて食っても美味い。辛ネギはこんもりと山盛りに盛られており、ネギ好きにはウレシイボリューム。辛ネギの辛味がスープの辛さを増幅させるが、これも実にイイのである。輪切り唐辛子もピンポイントで辛味が来る。モヤシはシャクシャク、これもスパイシースープに絡めると美味い。

スープ完飲。チョイと遅めの昼ラーに突撃したこちらのハルピンでの「火山」。それは「松本並柳店限定」の一杯で、今回は「中辛」でイッタのだが、ハバネロ由来のハードスパイシーさがガッチリと効いたハードスパイシーなテイスト満載の凶暴な一杯。しかしながら辛味のみならず好みのハルピンらしい旨味、甘味もしっかりと味わえて実に美味かった。察するにこの「激辛」はかなりの凶悪な辛さが想像出来る。あと2回「どうずら」で500円で食えるので、いつか挑戦してみようかしらん、、、

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 43件

コメント

まだコメントがありません。