なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「(見た目)二郎風ふくわらいjunkにんにくにくだま」@麺や ふくわらいの写真ツイッターによる人気投票での限定メニュー。普段は鰹系のおしとやかなメニューのこの店がJ系。これを行かなくてはラヲタとは言えない。

土曜日、開店30分前。開店待ち2番手。人気ないなぁと思ったら開店時には16人の列に。
定刻開店。ビールとともに首題のメニューをオーダー。肉玉入りの限定10食の方を選択。

ほどなく配膳。おお、Jのもやしの山ではなく、肉とかつお節の山。

スープ:豚骨醤油に鰹の本枯節。粘度高め。アブラほどほど、しょっぱさJとしては控えめ。
具:もやし・キャベツ・豚タンルート・豚チャーシューをほぐしてニンニク味噌と和えた肉玉・豚・ニンニク。
麺:平打ち太麺。200gとのことだが、250ありそう。

感想:なるほど。これはJの姿をしたベツモノ。スープはしょっぱさもアブラも上品。粘度は高いが豚骨も鰹も強めでニンニクに負けていない。アブラよりもコラーゲンが強い。
肉もデーンと分厚い豚ではなく、手をかえて飽きさせない工夫を。文字通り豚のタンの根元のタンルートは初めてかも。

スープも残さずに完食。で、思ったのはニンニクの存在感。肉玉はともかく、刻みニンニクは要らないかも。そしてどこかひっかかる違和感。メルセデスが無理やりSUVを作ったようなちぐはぐさ。そこが楽しいのだけれど、たまに食べるモノにしておきたい。

ごちそうさま。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

こんばんは。

こちらのお店、不覚にも知らなかったので皆さんのレビューも拝見しました。
確かに、レギュラーメニューと今回の限定とがかけ離れていておもしろいですね。
「タンルート」はめちゃ惹かれました。食べてみたいので、BMさせていただきます!

尼茶(禁煙成功!) | 2019年3月5日 23:18

尼茶さん こんにちは

タンルートはレギュラーメニューには使わないかもしれません。でも直前でかつお節を削ってくれる風味は格別ですよ。

atom | 2019年3月6日 11:04