なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「焦がし黒味噌らうめん (大盛り:サービス券)」@麺匠 佐蔵の写真3月某日、昼、本日は昨日までの2日間に亘ったUSJ~海遊館の大阪遊山の疲れを引きずりつつ、午前中は松本のオフィスにてデスクワーク。そして営業車のドラレコ交換の時間を利用しての昼ラーに突撃したのはこちらの店。

こちらの店、佐久「麺匠 佐蔵 佐久店」のネクストブランド店で、佐久のご当地味噌「安養寺味噌」を合わせた味噌ラーメンがウリの味噌ラー専門店。ほぼ2年半ぶりの突撃をかけてみる。

12:00着、一階先客5名、券売機にて未食の‘焦がし黒味噌らぅめん’(850円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客10名くらい。おニーさん券を渡す時、「FREE BOOK」のサービス券で「大盛り」にてオーダーする。

こちらの店、1階のカウンター席の他にも2階にもテーブル席や小上がりもあり、客もいる模様。今回の一杯は「独特な風味を生み出すマー油は、ニンニクと玉ネギを最高級のカメリアラードで時間をかけて煮揚げたもの。豊かなコクと香りが美味しさを引き立てる」と言う事。美味そうである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キャベツの千切り、糸唐辛子、刻み小ネギ、マー油が、味噌スープに乗っている。

スープから。ベースは「約20時間かけて炊き出した濃厚な豚骨スープ」と言う事で、クサミの無いまったりとした豚骨のコクがあり、そこにふんわりとガーリックが香るプチ・ビターなマー油のマイルドながらも香ばしい焦がしの香り立っている。合わせられた味噌ダレの塩分濃度は適宜で、マイルドな味噌の風味が覆っている。因みに味噌ダレは「信州味噌の原点である「安養寺味噌」と、辛口ながらも塩分濃度が少ない「八丁味噌」を合わせている。」と言う事。まろやかな味噌の味わいにマー油でのプチビターな風味が映えるなかなか美味い味噌スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。茹で加減丁度良く、モッチモッチとした粘着感のある食感が実にイイ。まったりとした味噌スープとの相性も良好。美味い麺である。「大盛り」の麺量も満足出来る。

具のチャーシューは豚ロースチャーシュー。柔らかくホロホロで、薄味付けでの豚肉の旨味が味わえる。キャベツの千切りはチョイと味噌の装備としては珍しい。山盛りでやがて味噌スープの熱でしんなりとして甘味が出て来る。味噌スープとも絡んで意外とイケる。糸唐辛子はプチスパイシーさを添えている。刻み小ネギは爽やかなネギ薬味感を発揮している。

スープ完飲。チョイと久しぶりとなるこちらの味噌ラーメン専門店での「焦がし黒味噌らうめん」。それはまったり豚骨に乗ったまろやかな安養寺味噌の味わいの味噌スープに、プチビターなマー油で香りのアクセントを添えた味噌ラーメンで美味かった。こちらの味噌ラーメンは信州味噌の原形とも言われる「安養寺味噌」をベースにしており、札幌味噌ラーメンの様なパンチは無いものの、あっさりのまったりとした味噌テイストも落ち着いていてイイのである、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。