なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 醤油…700円」@ブーランジェリー ルージュ ロワイヤルの写真2019.3.14朝 3/11に朝ラー営業を開始した同店、2回目の営業日に早速再訪、当然の事ながら未食の本品を。

「薄味ではなく淡味」と感じた塩に対し、醤油は動物系オフのベースを用いながらも味の輪郭は相当ワイルドサイドに引っ張ったという印象。鯵煮干の荒々しく骨太な旨みの脇を、溜まり醤油のコクとバルサミコ酢の軽い酸味が固める強力な布陣。

僅かに懐かしさも感じるが、煮干のガッツリ感によるヒキが強く、塩に比べてかなり現代ラーメンに通ずる尖った構成。カエシのほんのり甘辛感も手伝って、煮干がもうちょい暴れるようになると中毒者続出の予感。

このパワフルなスープを相手取っても一切押し負けしない、自家製麺の風味の力強さは賞賛に値する。

そして忘れちゃいけない、存在感アリアリの自家製肩ロースハムの素晴らしさ。巧く余計な分だけ水気が抜けた身に、程良く差し込んだ塩気、歯を入れた時のほどけと香りの華の量。

ペルシュウとはまた魅力が異なるが、「ん?ハムってこんなに美味いモンなの?」と目からウロコがボロボロ落ちること必至。塩の鶏チャ&ベーコンの時にも思ったけど、肉マシ設定が欲しいわ~!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。