なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ベジタブルラーメン+大盛り+生ビール増量ジョッキ」@Seattle Ramen Standの写真今回訪問:2019/4/12

昨年行われたトライアウトでの優勝店らしい。売り文句をみると、豚鶏などの動物系を使わずタマネギなどの野菜からスープをとっているとのことだが・・・
20:00入店 先客4(後客3)オープンしたばかりなのに、混んでいません。

もちろん注文するのはトライアウトの一杯なんだけれども、券売機を見ると合わせたいサイドメニューの飯物が全部売切れ中でした。

「ベジタブルラーメン」850
「大盛り」100
「スーパードライ増量ジョッキ」550

まったく久々ですよ飯物なしのラーメンなんて・・・


◆スーパードライ増量ジョッキ

デカイ! さすが550ml!通常の50円増しで約1.5倍の増量はお得感がハンパないです。このサービスはオリンピックまでなんでしょうか、ずっとやってもらえると嬉しいですね。


◆ベジタブルラーメン+大盛り

配膳時に女性店員が「大盛りは替え玉にてお持ちします」とのこと。ふ~ん、そうなんだって聞いてましたけど、「はい、替え玉で~す」って即行で追い配膳されました。
これ替え玉って言うのかね・・・?随分と店側目線のオペレーションです。

トッピングは、オクラ・モヤシ・メンマ・豆苗?・糸唐辛子・タマネギ・味玉・練りもの。
オクラとモヤシは軽くボイルされたもので、シャキシャキな歯触りは悪くはない。ただ全てが旬の食材ってわけでもないから、そうゆう店のスタンスなんでしょうね。また、卵や練りもの(魚のすり身)なんかが使われているので、完全野菜主義ってわけでも無さそうです。
その練ものは、シソが香る普通の感じのやつ。Twitterやblogで見た大きなさつま揚げとは程遠い小さいのものに変更されていました。1週間くらいで仕様変更するってどうゆうことかいね?

スープは、言われてみればオニオングラタンスープのチーズを抜いたような感じで、タマネギ由来の強い甘みとコクが感じられて美味しい。浮かべられている油が、オニオンスープをラーメンのスープのようにさせていたような。

麺は、多加水の平打ち。特注のこだわり麺っていうわりには、フードコート的でちょっとチープな感じが否めません。蒟蒻麺とか春雨とかにも似ていますでしょうか。

固まった替え玉をほぐしてから刻みニンニクと台湾辛子を1匙づつ投入すると、味にメリハリが出て台湾ラーメンみたいな感じになって美味しい。でもオニオンスープの風味は無くなりました。


結局何が売りなのか、良くわからなかったですね。
スープはメチャ美味しかったけど、それ以外は・・・


★詳細は、blog「麺のすゝめ」にてご確認下さい!
http://www.mennosusume.net/archives/37045561.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。