なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューめん+味つけ玉子」@赤のれんの写真味玉が何と150円、値上がり幅のエグさに驚くものの、固茹で濃い味は今どき激レア、我慢が効かず発注する。窯焼きのような焼き目と、歯応え硬めな肉質のチャーシュー。対するメンマの柔らかさ。具の質には一切の隙がない。
微乳化した豚骨スープは、野趣や独特の癖が殆ど感じられない。故に大人しめな印象だが、じっくり煮込んだ豚の旨味は申し分なく、濃いめの醤油だれと白い調味料との絶妙なバランスは、老舗ならではのリカバーだろうか。
やや平たいストレート細麺は、粘り腰と滑らかな喉越しが独特にして魅力的。束の張力でスープを強制的に摑み揚げる。水位の減衰が激しいため、替玉には不向き。やはりトラディショナルな博多ラーメンは、大盛やセット物だ。
もっと豚臭かった記憶もあるが、変わらず完成度の高い博多ラーメンだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。