なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ごぐにぼMax+半ライス(950+50円)」@長尾中華そば 東京神田店の写真餃子の店 おけ以』で食べた後、とあるお店に行ったものの行列があり、さらに遠くのこちらまで徒歩移動。

オープン当初からBMしていたこのお店。

最近話題にも上らなくなったため、この機会に訪問しました。

個人的には久しぶりの煮干し系。

訪問時間は13:16.

ピークは外れていたんだろうけど、お客さんは9割ほどの入り。

入り口は開きっぱなしで営業。

入り口入って右手に券売機があり、掲題のチケットを購入。

2名席用のテーブル席に案内される。

正直、カウンター席もテーブル席も広いとは言えない。

店員さんは2名。

特に失礼な感じは受けないが、かなりざっくばらんな物言い。

5分強でモノが届けられました。

まずはスープから。

スープはトンコツベースに煮干しを煮出したもの。

豚骨はかなり長時間炊き込んだのだろう、粘度がすごくある。

煮干しの旨みはメチャクチャ濃いが、ハラワタをしっかりと処理したタイプのモノで苦みやエグミはさほど感じられない。

かと言って煮干しを単純に大量に使っただけ、というのとも違い、しっかりと塩分計算出来ている。

濃厚な旨みの煮干しが感じられるのに塩分も控えめ。

煮干しが流動状になっている部分もあり、スープの中に時々フレーク状の煮干しが食感として感じられる。

スープの色味は黒っぽいが、カエシの醤油感も控えめで色味だけ拝借しているよう。

かなりハイクオリティのスープ。

続いて麺。

麺は平打ち気味太ストレート麺。

加水率が高めのタイプのモノでモチモチの食感。

これだけの濃度、粘度のスープなので、従来の細麺パツパツではこのスープは受け止められないだろう。

個人的にも煮干し+細麺パツパツは辟易していたので、この組み合わせはありがたい。

スープに粘度があるために絡みもよく、美味い。

具材。

チャーシュー、メンマ、ネギ、煮干し粉。

チャーシューはバラ。よく煮られたタイプのものでトロトロ食感。

塩梅も良く美味い。



煮干しの濃度を上げようと思えば、たくさんの煮干しを使用するのは当たり前。

ただ、そうすると煮干しの持つ塩分によりしょっぱくなってしまう。

たくさんの煮干しを使用すると下処理が大変なのに下処理をしっかりとし、塩分計算をしっかりと出来ている煮干しを売りとしたお店はなかなかお目にかかれない。

その当たり前のことをしっかりと出来ている美味しいお店。

煮干し系ラーメンでは個人的には1位です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。