なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:00頃訪問。先客2名後客無し。店内は奥に向かって細長い間取りとなっており、L字型カウンターのみが設けられている。かなりの年季が入っている感じだが、気になる程の不潔感は無い。男性2名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳。つけ汁と麺は、それぞれ小さくない丼に入れられており中々の迫力だ。

麺は、縮れを有する中太麺。黄色味を帯びた多加水のもの。如何にも味噌ラーメン店という感じの麺だ。
食べてみると、茹で加減は挑戦的に思える程硬め。人によって評価が分かれそうだが、個人的には面白くて良いと思う。非常にしっかりとしたコシと歯応えを有しており、表面のツルツル感とプリプリという弾力性、噛み切る際の強い抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、つけ麺としてはやや少なめ。ただ、具とつけ汁が後述の通りの量なので、十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、丼にタップリと注がれており、一見、一杯のラーメンに見える程だ。濃いめの色合いに茶濁しており、粘度は殆ど感じられない。表層をやや多めのラードが覆う。
麺をつけて食べてみると、味噌の味わいが力強く主張。甘みは抑えられつつ、ショッパさと嫌味にならない質、レベルの渋味のようなものが前面に出て来る味わいで、パンチ力に文句無し。
組み立て的に、動物系出汁の旨みという意味での押し出しは強くないが、アブラ分のコクと程好いコッテリ感が良い役割を果たしており、十分な味の厚みがもたらされている。全体のバランスは良好と言えるだろう。
ただ、経時的につけ汁温度が低下して来ると、味に単調さを覚え始めるというのが正直なところ。矢張り、この店は寒い日に訪問して熱々のラーメンを食べた方が楽しめそうだ。

具として、つけ汁には大量の炒め野菜が入っている。スープと一緒に煮立てられているようだ。内容としては、キャベツ、モヤシ、人参、ニラ、青菜といったところ。しっかりと熱が通りながらも適度な食感が残された絶妙の仕上がり。ただ、その旨味のスープへの移行という点に於いては、やや期待外れだった。
チャーシューは、分厚くサイズも立派なロース肉が1枚。食べてみると、しっかりとした歯応えながらもパサつきは皆無で文句無し。醤油ダレが濃いめに滲み込んだ味付けも良く、ライスと一緒に食べたくなる逸品。
その上にはおろし生姜が乗せられており、食べている途中の良い味変に。
また、麺側には、割と多めの刻み葱が盛り付けられる。

独特な味噌つけ麺を、大いに楽しむ事が出来た。他にも興味を惹かれるメニューが多く、店主さんの創作意欲の旺盛さが窺える。色々な意味で、何とも言えぬ男臭さが溢れるユニークな一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。