なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「しおそば 720円 ※細麺」@中華そば 北炎の写真『横道』さんで家系ライクな1杯を頂き、お次は地鶏研の暖簾分け店でもあるコチラ『中華そば 北炎』さんへ♪
入店してみますと先客は6名。店主様と男性店員さんに迎えられ、カウンター席を陣取ります。
メニューは『焦がし玉ねぎそば』を筆頭に、『中華そば』・『しおそば』・『かつおそば』など多彩なラインナップ。さらには限定5食とされる『ヒガシマツヤマブラック』や『冷やしまぜそば』など気になるお品が目白押し。
その他にもえいようドリンクやおつまみ系も品数豊富で、夜の部は居酒屋としても機能しているのでしょうかね?
さてそんな中、地鶏研といえばやっぱり塩でしょ!って事で、男性店員さんに『しおそば』をオーダー。麺の太さを訊かれたので細麺をチョイス!
午後の4時まではソフトドリンクが1杯サービスという太っ腹さ。有難くアイスコーヒーを頂きましたよ♪
食後がよかったけど…(爆)

地鶏を使ったとされるスープですが鶏感は非常に穏やかで、極僅かな酸味と貝類の風味が仄かに香るのは地鶏研自慢の塩ダレ由来でしょうか。あっさりとした口当たりながらも旨味は控えめで全体的にぼんやり。地鶏研好きなアタクシとしましてはぶっちゃけ物足りなさを感じてしまい、レンゲの動きが徐々にスローダウン。

麺は地鶏研謹製の玉子麺ではなく、まさかまさかの全粒粉が配合された細ストレート麺。スープが穏やかな分小麦の風味が豊かに香り、塩よりも醤油の方が相性よろしいのでしょうかね?

チャーシューも地鶏研らしさは全く感じられず、僅かな獣臭を伴いましたが許容範囲としておきましょうか。
その他の具材は穂先メンマに海苔・薬味ネギなど。

いや~、地鶏研らしさを感じたのはほんの僅かでしたが、駄舌なアタクシ故どうかご容赦くださいませ。
また機会があれば『焦がし玉ねぎそば』を頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。