なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「魚介正油大盛 ¥700円(味玉サービスCP)」@中華そば 桃李の写真2019/8/31

所沢に野暮用があったので、こちらでランチ。と言っても訪問時刻は15時
昼時を外した時間帯なので先客の姿は2名のみ、先ずは入口左側に設置してある券売機前に立ち、じっくりと品定め
いつもなら券売機も写メるのですが『店内、商品以外の撮影はご遠慮ください』との張り紙があったので撮影は自粛
ボタンの配置からすると、看板メニューは「鶏白湯塩」なのかな? 迷ったが「魚介正油」を選択してみた
食券購入後、空いてる席に腰を下ろし店主殿に食券を提示。 ワンオペながら手際よく調理が始まりスピーディーに着丼。漆黒の丼で威風堂々と登場、 丼から立ち昇る節系の香りに鼻腔が擽られます('ω')♪
キメ細かな魚粉がキラキラと浮かぶ濃琥珀色のスープ、香油でスープ表面を覆っており終始熱々♨
レンゲでスープをひと口啜った瞬間「もちもちの木」を思い出しました。 仄かな甘みと奥行きのあるスープ、ベースは鶏かな? 節系と煮干、昆布等の乾物系の魚介が前面に押し出されています
微かに酸味とビターな印象を受けるが、密度の濃い醤油ダレのキレとコクがしっかりリカバリー
後味スッキリしているが、ザラつく魚粉が麺にしっかり絡みバランスよく余韻を残します
麺は村上朝日の細ストレート、絶妙な茹で加減で歯触り良好♪  細麺ながらコシが強くしなやか、ツルっと喉越しが良いので大盛の麺量でもスルスルと胃袋に吸い込まれていった
具材は食感のよい穂先メンマが3本に薄切りカットのチャーシュー、白髪ねぎとトッピングサービスして頂いた味玉がラインナップ。どの具材も一つ一つ丁寧な仕事っぷりが伺えるクオリティー
この内容ながら価格が¥630円(大盛¥700円)と、手頃な価格に設定してるのが有難い
お店の公式Twitterによると、今月4日から一部商品の盛付けに変更があるとか。。
来月からいよいよ消費税2%アップ、飲食店サンは材料の仕入価格も高騰し調理内容の変更や価格の調整等で色々と大変そうですね〜

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。