なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉中華そば ¥850円」@机上の空論の写真2019/9/3

前回、臨休でフラれたので再チャレンジ
賑わう商店街の中、バイクを押しながらトコトコ歩いていくと、暖簾がしっかり掛かっており一安心♡
お店の中はL字のカウンター7席のみ、コンパクトな造りでやや手狭な感じですが、席間は余裕があるので窮屈さは皆無、清潔感のある店内で居心地は良好
入り口右側に設置してある券売機で、先ずは食券を購入。「煮干し中華そば」「ねぎ味噌中華そば」も気になるところだが、初訪問なのでベーシックに「中華そば」を無難に選択
厨房ではチャイナ服に身を包んだ店主殿が真剣な眼差しで調理中。アジアの純真的奥様と共に接客は丁寧で好印象。 食券をカウンター上部に提示し、しばし観覧
店主殿の手際よい作業を眺めながら待つこと数分、受け皿に乗せられ青磁の丼で登場
表面に鶏油が張ったクリアーな琥珀色のスープ。 王道のビジュアルに食べる前から心惹かれます♪
スープは丸鷄を軸に鷄豚から旨味を抽出した醤油清湯。カエシは天然醸造「日本一しょうゆ」を使用。発酵調味料「鷄醤」も加わえ、仄かな甘味と酸味が感じられるが、野菜も穏かに効いており優しい風合い。 キレのよい醤油味がじんわり染み渡ってくる
具材はチャーシュー2枚・メンマ・青菜・ナルト・海苔・トッピングした味玉は半固ゆでタイプ、黄身まで味がしっかり浸透しており秀逸な仕上がり。チャーシューは脂の乗ったバラとロースの2種類。 どちらも厚みがあり、噛むと肉の旨みが溢れ出てしっとりジューシー。 ただ肉淵の焦げが香ばし過ぎたので少し雑味を感じてしまった
麺は相模原「中根製麺」の謹製、シコッとしたコシの中細ストレート。 しなやかな啜り心地で滑らかな麺肌。麺量は140gとのこと、腹ペコだと少し物足りない感じだ。 美味しい麺だけに、大盛りの設定がないのが残念である
後半は卓上に常設してある「自家製辛子高菜」を投入。辛子高菜と言えば豚骨スープに辛味を加えるマストアイテムだが、芳醇な醤油スープにも見事にマッチング♪ これは試してガッテン
気づけばサクッと完食完飲。 どこか懐かしさもあり、ネオな中華そばを感じられた一杯でした

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。