なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:00の少し前に到着。先待ち2名に接続し、後客は6-7名だった。店内は適度なスペースを有しており、L字型カウンターのみが設けられている。和風のインテリアでキッチリと清潔にされており、居心地の良い空間だ。男性3名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、軽いうねりを有する平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減、締め具合は良く、しっかりとしたコシと歯応え。ツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しめる。小麦の風味旨みもしっかりと感じられる上質の麺だ。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、つけ麺として適量。自分には、十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、醤油の色目がしっかりと出ており、表層の液体油はやや多め。
麺をつけて食べてみると、醤油ダレが軸となった組み立てとなっている。鶏、魚介系といった出汁感に強い押し出しは無いものの、何ら不足の無いコク、旨みが感じられ、バランスの良い味わいを形成している。
一方、塩分濃度は高めだが、つけ汁としては問題の無いレベルと言えるだろう。甘みは控えめだが適度な酸味が付与されており、強いキレ、飲み口の良さをもたらしている。
最後、スープ割りを頼むと、あられと少量のご飯を加えてくれるのは面白い趣向だ。

具として、麺側に盛られるチャーシューは3枚。脂身が適度に含まれた肉が炙られている。食べてみると、しっかりとした歯応えは良いのだが、ちょっとジューシーさに欠ける印象。
味玉は、黄味ネットリの仕上がり。甘めの味付けで、まずまずの旨さ。
メンマはサクサク食感が心地良く、良い箸休め。
中央には刻み海苔が乗せられており、風味の面で良い役割を果たしている。
また、終盤、丼の縁にある柚子胡椒を麺に付けて食べてみると、予想以上に良い味変になってくれた。
つけ汁には、麺側のものと同じチャーシュー2枚とメンマが沈んでおり、表層に青葱と一味唐辛子が浮遊。

全体的なバランスも良く、十分なクオリティが打ち出されていると思うが、面白味には欠けるという印象。移転前に狭い店内で食べた塩つけ麺の満足度には、到底及ばないというのが正直なところだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。