なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「まるとも特製らーめん醤油」@麺や まるとも 浅草橋店の写真 働きづめで体ガタガタ、日曜は無理やり完全オフ宣言(27日)。お昼はブラブラ浅草橋へ。
 秋葉原と浅草橋の中間あたりにある某宿題店をのぞいてみると……営業日のはずが、なんと改装工事中。このパターン、今月2回目ですな。しかたなく駅に引き返すと、ガード下に開店祝いの花を並べたラーメン屋を発見。花には芸能人の名もあり、おもしろそうなので入店。
 さっそく入口右手の券売機で、「まるとも特製らーめん醤油」(オープン記念価格850円・通常950円)をポチッとな。カウンターにつきメニューを眺めますと、醤油・味噌・豚骨・塩・つけ麺とフルラインナップ、メニューのレイアウト・デザインもプロの仕事で、どうやら資本系のようですが……後で調べたところ、なんと某音楽制作会社の経営で、他にも飲食店を経営しているようですな。厨房はやたら店員が多く、スープ・麺が仕上がった丼に3人がかりで具材をのせておりますが……まだまだコンビネーションはイマイチの様子。丼は約5分で到着。
 逆円錐形のコジンマリとした丼。では、スープを一口……主力は豚骨ですが、豊かなコラーゲンでサラサラに仕上げており、軽快な口あたり。魚介系は出汁ではなく魚粉主体の味付けですが、煮干粉で旨味を効かせるやり方で、節粉は香り付けに使う程度。カエシも穏やかな効かせ方で、全体として派手さはありませんが、コンパクトに上手くまとめているという印象。
 麺は、平打ち風に偏平した中太ストレート。麺肌のザラツキのためスープの持ち上げがよく、スッキリした味わいがライト系の豚骨魚介によく合います。コシや歯応えは少し弱めで、食べ応えには難ありですが……
 具材は、チャーシュー、メンマ、味玉に、海苔とネギ。チャーシューはこの店のウリのようで、能書きでは「鹿児島県産の黒豚を使用」で、ほほ肉を九州産醤油使用のタレで煮込んだものとか。これをフライパンで炙って供するわけですが……確かに美味いんですが、脂の処理に難ありですな。ほほ肉は脂身の多い部位、高温でソテーすれば脂身を閉じ込めることもできますが、漫然と炙れば全体に脂がまわってクドくなる。ちょっと残念ですな。メンマはいわゆる材木型、濃い味付けがライトなスープによく映えますが、ちょっと固いか。
 ―――キッチリとツボを押さえたシュアな出来栄え。キビしめに言えば、ウリのチャーシューの手痛いミスで、平凡な出来栄えに終わっています。せめて、量で勝負したいところですが……丼の形からしてスープ量をセーブする考えのようで、加えて麺量も少ない。これでデフォ690円in浅草橋とは、チト厳しいかな……ま、当面の課題はチャーシューの調理法の改善、別業界からの殴り込み、今後の展開が楽しみということで。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。