なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺(330g) 800円」@ラーメン海鳴の写真ラーメン屋店主からも評判の良いコチラにやっとこお邪魔する事が出来ました。狙いは“魚介とんこつラーメン”だったんですが入り口看板の“つけ麺登場”という文字に反応してしまい方針転向です。
同一料金で3つから麺量が選べる事が出来、麺量から特盛(330g)をお願いしました。因みに構成は小盛(110g)、盛(220g)、特盛(330g)で当然ながら私は小盛では満足出来る量ではありません(笑) また、有料トッピングとして“エビ・トマトのフレンチソーズ(200円)とジェノベーゼオイル(150円)”というカタカナに興味を持ったのですがデフォルトを食べてからの次回のお楽しみに取っておく事にしました。店内はカウンターのみでノリのイイ音楽に乗って若き店主が厨房にて1人で切り盛り中。素朴な疑問なんですが関東では豚骨魚介、九州では魚介豚骨と。。。
さて、厨房越しからつけ汁・麺の順で配膳があった容器は屋号を客側正面にちゃんと向けるなど接客が丁寧です。
つけ汁は程良い乳化でやや粘度があり豚骨の出汁がしっかりした動物系先行なベースで魚介は節系でサポート的な役割な豚骨魚介系です。また、魚粉投入により魚介風味を後押しています。魚粉のザラつきも感じなく醤油タレの塩梅も良くバランス重視ながら濃厚に仕上がっていて好印象です。
麺は事前確認によると細麺とのことで太さは中細ストレートタイプ。博多麺のような加水低めの不安?や期待?を含めた複雑な心境で登場を待っていましたが、ツルツルとした麺肌は弾力性もあってムッチリした食感は力強さを感じて福岡でこれまで食べてきた細ストレートのつけ麺の中では抜きに出てイイ感じです。麺量は330gとのことですが細い分食べ応え十分でした。つけ汁との絡みも良く最後まで美味しく頂けます。
具は麺側にバラ肉シャーチュ2枚/枕木メンマ/斜め切り白ネギ/貝割れの構成です。シャーチュは表面をバーナーで香ばしく炙って余分な油を落としてあって食感が良く、メンマは枕木状でコリコリとした食感と味付けも良く拘りを感じました。白ネギは多めに入っていたのでつけ汁の薬味としてシャキシャキとした食感と清涼感が良かった。
ちょっと心配な部分も有りながらのオーダーでしたが思ったよりは美味しかったです。スープ割は和風出汁に柑橘のエッセンスが入って美味しく頂く事が出来ました。
次回は本命の1杯を頂きお邪魔したいと思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです!

みためも非常にボリューム感があるつけ麺ですね。

割スープでの酢橘のサッパリ感はアクセントがあってよいですねw

YMK | 2010年9月14日 09:45

おはです

おおーっ!福岡のつけ麺で高得点じゃないですか!

でも、福岡に行ってつけ麺をチョイスするのは勇気が要るなー。。。

魚介とんこつラーメンもレヴューお願いします !(^^)!

たっくん | 2010年9月14日 10:25

まいど~
ちゃんとバランス良くつけ麺も食べていますね。
見習わないと・・・・
麺は細めなんですね?
次回のレビューも楽しみにしています!

てつ | 2010年9月14日 11:10

こんばんわっ!

 此方はぎちゃまが訪問してたお店ですね~
 やはりラーメンの方が良いのかも知れませんが
 博多でまだ少ないつけ麺・・・なかなか良さそうですね!^^

voice50 | 2010年9月14日 21:26