なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
80

初レポです。
あの東池袋大勝軒の系列店が秋田にもあるということで行ってきました。
18時ごろ到着。なぜか暖簾の大勝軒の表記がアルファベットで『TAISHOUKEN』となっている。店内にはやたらと山岸氏の書籍や写真、色紙が飾ってある。さらに店内に入っても席への案内がなく、空席があるにもかかわらず入り口で1分ぐらい待ってしまった。接客係の奥さんが一声掛けてくれればいいのに。心配ポイントが多いです。
ただ、製麺室がありました。これは期待できるポイント。

つけめん(700円)と東池飯(200円)を注文。

麺は中太で、丸ではなく角。本店とはやや違う麺。しかしこの麺が凄くうまい。ややぬめりが残っていたが、水でのしめ加減、香り、舌触りは凄くいい。かなり好み。ただ、水切りがあまいので-2点。
つけ汁は動物+魚介のスープに甘辛酸がしっかりとついたまさに大勝軒の味だが、そのなかでも甘みが強い。どちらかと言うと『やすべえ』に似てます。具は細切りのチャーシュー、メンマ、ゆで卵半分、のり、なると。チャーシューの味がつけ汁よりさらに濃い。これはもっと薄いほうが好み。他の具は主張せず。
スープ割りをすると動物の味が強くなりうまい。別容器でたっぷりとスープがもらえるのもうれしい。
東池飯はただのチャーシュウライス。

トータルの評価でいくと期待以上のうまさでした。しっかりと大勝軒の味になっていたし、もしかすると最近量産されている都内の大勝軒よりよっぽどうまいかも。ただ、東池飯って…。本店にはご飯物のメニューはなかったような…。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

素晴らしいレビューですね。しかもコメントまで入ってますね。答えてあげて下さいよ。

秋田にも大勝軒があったんですか。伝説の東池飯まであるとは。ビックリです。全然食べたくないけど。
以前、水切りがあまいからって-2点にする必要は無いとか言ってなかったっけ。
まぁいいんですが。これからも秋田のお店を登録していって下さい。


ちなみに東池袋のお店は最近無茶苦茶並んでいるようですね。全然行きたくないです。
いや、行きたいは行きたいんだけどね。平日休んでいくかは非常に疑問が残るところ。

つけ・麺太郎 | 2007年2月13日 16:53

>>麺太さん

コメントありがとうございます。
麺太さんへの憧れから初めてのレポはつけ麺にしてみました。
正直うまいですよ、ここは。化調強めだけど。
秋田に来たときにぜひ!

ユープー | 2007年2月14日 01:32