なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「辛 中華そば(870円)」@麺や 葵 本店の写真とある土曜日。嫁さんとラー食。
お目当ては、嫁さんお気に入りの、らーめん こじろう526 日暮里店

だったのだが、近隣のコインパーキングに車を停め、526へ向かう途中でこちらを発見。日暮里界隈では実力店と認識しておきながら、未訪問だったため、予定を変更して入店。

「濃厚中華そば」と迷ったが、結局「辛 中華そば」の食券を購入。ちなみに嫁さんは、味玉つけ麺。
年配の店員さんに席番号を指定され着席。

着席後、10分少々で「辛 中華そば」登場!さっそくいただきます。

丼の中を見ると、魚粉と一味唐辛子が海苔の上で浮かんでいる。
まずは、何も溶かずにレンゲでスープを頂いてみると。。。

おおお、魚辛いw

まず、節系の出汁がしっかり主張している。
魚介豚骨としてのスープが非常にしっかりしていて完成度が高い。

その直後に唐辛子系の辛味が刺し込んでくるように刺激を加えてくる。
見た目は、ほんのり唐辛子の赤身がスープについている程度だったが、しっかり辛い!
しっかり辛いのに、辛さで魚介の出汁感がボヤけたり、失われるような事が全くない事に感心。

麺は軽く縮れのある中太麺。
中程度の加水率で、モッチリ感と、小麦感が両立している。
この手の魚介豚骨の麺としては、必要十分であり、旨い。

具材は、メンマ、ネギにチャーシュー。
チャーシューは、薄めだが、甘辛の味付けがしっかりしており、熱を加えるとトロトロになるタイプ。
強めの味付けと、バラ肉らしい、脂のジューシーさが好印象。

麺量150gちょっとくらいか。正直もうちょっと欲しかったな。

不意に入ったお店だが、さすが日暮里界隈の実力店。しっかりとした魚介豚骨を楽しめた。
今回、辛中華そばを選択したが、しっかりと辛いのに、魚介出汁が最後までしっかり主張してくるあたり、単に魚介豚骨+唐辛子という単純計算ではない、研究されたものを感じた。
実際、他のお客さんのオーダーを見ても、辛系メニューを注文するお客さんが散見され、この店の強力なラインナップとして人気を博している模様。

味は十二分に満足したものの、900円近い価格とボリュームがちと残念。

とは言え、機会があれば是非再訪して「辛しつけ麺」を頂いてみたい。
うまかったです!ごちそうさまでした~!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです!

何気に同店メルマガ会員の当方ですが、
どうしてもスルーして526へ向かっちゃう自分がおりますw

でも、そのうち攻略しますよぉ~(^^)

YMK | 2011年11月7日 08:26

どうもです!!
流石辛党ですね~
トウガラシONで結構お値段UPが気になるんですよね…(汗)

| 2011年11月7日 22:46

こんばんは!

辛さの中にも魚介の主張を感じるのって最高ですね~(^u^)
量と値段が気になりますが、それなりの一杯なんですね!食べたいな~ヽ(^o^)丿

もみあげマン | 2011年11月8日 23:47