なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:00過ぎに訪問。先客後客共に無し。店内は完全にカフェの雰囲気。開放感が有り小洒落た空間。カウンターとテーブル席が有り、非常に清潔にされている。店主さんと女性2名による切り盛りで、接客は非常に良好。

淡麗系ラーメンとも迷ったが、結局、本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、少し縮れの入った平打ち気味の中太麺。
しなやかな質感の麺だが、しっかりとした歯応えは残されている。噛み切る際の粘り感が強く、つけ麺の麺として十分な食べ応え。喉越しも良好。スルスルと食べられるタイプの麺だ。下記つけ汁との相性も文句無し。
量はMで250gとの事で自分の適量。

つけ汁は、粘度はさほどでも無いのだが、表層に多めの液体油が浮かび、そのトロみがいい感じ。
麺をつけて食べてみると、カツオのストレートな旨みが前面で主張。これが完全に軸を成している。濃厚な出汁感だが、嫌味は感じられない。所謂「またおま系」とは一線を画す味わいで個性的。実に旨いと思う。
動物系のコク、旨みもしっかりと味に厚みをもたらしている。力強さを感じる味わいだ。液体油のコクも大きな役割を果たしている。味は違うのだが、どことなく「もちもちの木」を彷彿とさせる組み立てだ。
塩分濃度は高めだが、つけ汁としては適度だと思う。豚魚系特有の甘みも無い事は無いが、全く嫌味にならないレベル。最後はスープ割して完飲した。

具は、大部分が麺皿に乗せられている。
チャーシューは厚みのあるバラ肉が1枚。トロトロに柔らかく、脂身部分も含めて肉の旨みが強い良質のもの。香草による味付けがなされているが、嫌味にならないレベルで絶妙。これは旨い。
半味玉は、仄かな甘みを感じさせる濃厚な味付けで非常に美味。
メンマは強めのサクサク食感を有するもの。好みの薄めの味付けで、良い箸休め。
水菜の風味、食感は非常に良く機能していた。
海苔2枚は質感のしっかりとしたもの。
その他、つけ汁に細かく刻まれた青ネギ、玉ネギが入っていた。特に後者の甘み、食感が自分の嗜好にマッチング。

うーむ、予想を遥かに超えて旨いつけ麺だった。カツオが主役として申し分の無い仕事をしており、「またおま系」の豚魚系には無い個性が感じられる。実に素晴らしい。今日、これを食べて改めて思ったのだが、カツオの旨みというのは、常習性が強い気がする。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。