なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「万乃味噌ラーメン」@つじ道らーめんの写真最近よく思うんですけど、清湯で作る味噌ラーメンって最初より食べ終える直前の方がスープが美味しく感じませんか?特に札幌味噌ラーメンなどのように味噌に火入れをしないタイプのものに関してはそれが顕著のように感じます。液体の醤油ダレ、塩ダレと比べて固体である味噌ダレはスープやその他の調味料となじむのに時間がかかるからなのかな、と勝手に考えてみました。不思議とこれ白湯スープだとあんま気にならないんですけどね、ラーメンにおける謎の1つです。


さて、この日はラーメン南に照準を合わせてきたのですが、営業時間をリサーチしていたにも関わらず振られ、ちょっと歩いたところにある「こきあ」にも振られ、若干途方に暮れていました。
そこで思いついたのがここの店です。
前回は辻潮ラーメンをいただきなかなか美味しかった印象があります。
ということで今回はやや冒険をして味噌ラーメンを。

麺は太麺と細麺を選べるようですが、迷わず太麺をセレクト。
間違いなくここの細麺には味噌は合わなそうな気がします。
さて、ほどなく時間が経ち提供されたこのラーメン、黒ゴマがふりかけてあり実に香ばしい。
味噌は割と酸味の強いタイプで赤味噌でしょうか。なかなか上品で優しい味がします。
ただ、味噌ラーメンにおいてこの優しい味というのはコクがあまり感じられないということの裏返しでもあります。特にここの店は無添加、無化調がウリだとのことなのでそういった制約の中でコクのある美味い味噌ラーメンを作るには時間も、そしてコストもめちゃくちゃかかるんだろうなというのは想像に難くないです。


そして食べ終える頃に飲んだスープはやはり冒頭の通り食べ始めより一体感があり、より美味しく感じました。無添加、無化調を謳う店で醤油や塩が美味しかったことはありますが、とても美味い味噌にはまだ出会ったことがありません。やはり味噌という味の強い調味料を受け止めるには化学調味料の力が必要とされるのでしょうか。

この考えを否定してくれる味噌ラーメンにいつか出会いたいものです。
ここは味噌もなかなかに美味しいですが、やはりウリは塩や醤油かもしれません。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

アンペさん、
おはようございます。
南とこきあにフられましたかあ。。。
となると辻堂だとココかまる玉かですもんね。。。たしか。。。
無化調無添加の味噌で旨いところですかあ。。。
確かに考えてしまいますね。

蔦あたりはどうでしょうか?かなりのものでした。

masa@連食★脱ラオタ完了 | 2014年4月28日 05:52