なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン (大盛り)」@上海楼の写真8月某日、昼、本日は我が社の爺やの飯田のゲンバでの肉体労働バックアップで朝から飯田入り。なかなか先が見えない中、午前中の切りの良いところで昼メシとする事に。爺やのたっての希望で突撃したのはこちらの店。

先月のイベント終了時に突撃も既に営業終了でイケず終い。爺やも未だ行ったことが無いと言うので、今日こそは、と言う次第。私的にもかつての飯田担当時代、「飯田ラーメン御三家」の中でもイチバンのご贔屓店。久しぶりなので「飯田ラーメン」の元祖とも言える味でイッテみたい。

13:05着、店内20名以上で店内待ち、この時にメニュー表にて私はいつも‘中華そば’ばかりだったので、未食の‘ワンタンメン’(750円)を、今後も続く肉体労働に備え「大盛り」(50円)に決め。初訪の爺やは「ここのラーメンは並盛でも量が多いから」との私の忠告を聞き入れ、‘中華そば 並盛’に決めた模様。

暫くして2人分が空いたカウンター席に着座、後客10名以上。ホールの若女将?に表題を注文し、スタンバる。厨房内は4名体制、おそらく家族運営で麺揚げはいつもの様に店主が担当、次から次へと入るオーダーにひたすら麺を茹で上げている。店内は相変わらず引っ切り無しに来客続き、断続的に店外並びも出来るいつもの光景。客も店員のやり取りからほぼ常連客と見た。待つ事10分、着丼。

ビジュアルは、ワンタン10個、チャーシュー2枚、メンマ、刻みネギが、たっぷりの醤油スープに乗っている。

スープから。ラードの浮いたスープは野菜類は一切使わない豚ガラだけのスープだと言う事。あっさりながらも、しっかりと動物系のコクが出ている「豚清湯スープ」、そこに合わせられた醤油のカエシも醤油本来の香りのたつシンプルな味わい。いわゆる「昭和の中華そば」の一原型がこの醤油スープにも間違いなく存在する。雑味の無い飽きの来ない醤油スープで、しみじみとシンプルな「中華そば」の美味さを味わえる。実に美味い醤油スープである。

麺は断面長方形の白っぽいストレート平太麺。茹で加減は、やや柔目だが、独特の滑らかなモチモチ感がある麺、例によって麺の一本一本が長いので、箸で持ち上げると重量感を感じる。この「かんすい」不使用の「重曹」を使っている柔目のストレート麺が「飯田ラーメン」の最大の特徴と言ってもイイ。もちろん自家製麺。「大盛り」の麺量は+50円で推定300g超、非常に満足度は高い。実に美味い麺である。

具のワンタンは、餡は豚挽き肉がちょびっとで芯はやや硬めだが、衣はちゅるんちゅるん、これが10個もあるのだから満足度は非常に高い。食っても食っても次々に出てくる感がイイ。おまけに豚モモチャーシューも2枚、薄味付けでモモ肉の旨味を味わえる。メンマは、コショーの風味のやや甘味のある味付け。細がきでコリコリ、これも美味い。刻みネギは少な目、ネギ好きにはもうチョイあってもイイ。

スープ完飲。久しぶりの飯田入り、「飯田ラーメン」の老舗にして超人気店で初めて食った「ワンタンメン」、それはシンプルな豚ガラ醤油に、独特の柔目のモチモチ麺の「飯田ラーメン」の味わいはそのままに、ワンタンが10個も入ったCPバツグンの逸品であった。こちらで食う度ごとに愛着が増して来る不思議な「飯田ラーメン」、爺やも納得、私も徐々にハマりつつある。飯田で一番の人気店である事が納得出来る、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。