会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン(大盛)」@上海楼の写真安居楽業だ。

此の地、飯田を代表する老舗。
5代目店主が活躍する、飯田の人気店【上海楼】

まいど。
13時半ちょい前、満席、待ち4名に接続。その後8分ほどで入店。
まぁコノ時間帯では当たり前の光景なのかと。
さて、レトロなメニュー表からだ。
「味噌」や「五目」なンてのも気にはなるが・・・
いゃぁ〜「ワンタンメン」にするワ..
次は頑張るか。
追撃ちで我慢できずに「大盛」とした。
「飯田ラーメン」としては邪道となるかも知れないが、前回試してガラリと変わる印象が面白かったので今回も「カタメ」でイッてみた。
ソレらをカウンター越しで店主にコール。
一家のコンビネーションを垣間見て待つことに。

7分ほどで「はい、ワンタンメンお待たせしました〜」と店員のオバッちゃん。
ビジュアルは、具沢山にスープ並々で登場と良心的なのは一目瞭然なミタメ。
スープ、豚拳骨の清湯。カエシは変わらず芳醇。甘みを持つ油分のフタであるラードの影響でモチロン熱々だ。
麺、中太麺。多加水のギッチリと密度の高い自家製麺。箸で持ち上げた際の光景は正に織り成すという表現が理想かと。カタメはやはりガラリと表情が変わり実に面白い。
具材、メンマ、チャーシュー2枚、ワンタン8個、刻みネギ。
ワンタンは中味が少なくテロンテロンを楽しむモノ。
チャーシューが分厚かったが変更か?
メンマは手作り感満載な繊維質が強いタイプ。
そうは言ってもインパクトがあって、うまっ!!

シンプルなのだが違いが分かるのヨ。

「大盛」の¥50はいいね。
ガッツリと楽しめてサ。

個人的、飯田のツートップの一角に隙は無い!

ぢゃ…

またねェ≡≡

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 10件

コメント

まだコメントがありません。