なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(にんにく)+カツオくん+ショウガ+生卵」@ラーメン二郎 栃木街道店の写真およそ1年ぶりの訪問。

直系二郎未経験者の友人を連れて土曜日にお邪魔。
開店時間55分前に到着もすでに10人超の並び。
さすが直系二郎でも評判いいお店だな。
次から次に来る後客の車に他県ナンバーがちらほらと混じってるわ。
もちろん田舎二郎ならではの家族連れも。

それにしても隣の民家の犬どもがいつもやかましい。
いったい何頭飼ってんだろうか?鶏も放し飼いになってるしw

いつもと同じで開店時間よりやや遅れていざ開店。

店内椅子待ち10名までの22名が第一陣として入店許可。
ロット8杯なので2ndロットで食べられそうだ。

券売機にて表記プラチケ4枚を購入。
ちなみに連れは豚入り+生卵。

助手は丸坊主の若くて小さな青年だった。

助手が1名で店主さんはマイペースで作業しているため、思っていたより回転は良くない。
ただし待ち椅子で店主さんから食券確認されたので、カウンター席に座ってからの待ちはそれほどでもなさそうだ。

1stの客が席を立ち、空いた席に自ら移動して着席。

お椀に入った生卵がカウンター高台に置かれる。
お~、なかなか濃厚で美味そうな黄身の卵だ。

それから5分ほどでニンニクだけコールして表記1杯が着丼。
これでもかって感じで振りかけられたカツオくんの量が少し心配だw

まずはそのままスープを一口。
以前は乳化してショッパモードなイメージだったはずだが、みりん風調味料の甘みが強めの非乳化寄りのスープである。

ニンニクとショウガはそれなりに盛られており、いずれも丁寧に細微塵にされたものだ。
一瞬どうしようかと迷ったが、一気に混ぜて食べることにした。

麺はミドルな茹で加減で食感もミドルでデロでもゴワでもなく、麺量は標準。
野菜はシャキ感あるものでキャベ率が高い。
豚はガシな肉々しい腕肉が3枚。

カツオくんの量による異常な味変を心配したのだが、これが意外とジャストにハマった!

単調な味に飽きがくる前に一気食いして完食するイメージが強い二郎系にあって、これは絶妙な味わいだ。

途中で黄身だけぶち込んだ味変も濃くのある黄身がばっちりだった。


カツオくん&ショウガと少し変化球ではあるものの、基本が美味い壬生二郎との相乗効果で、これはマジで大いにおススメしたいチューンナップである。


いやあ~、本当に美味い一杯だった!


ちなみに初二郎の連れは美味しさには満足していたが、豚増しの凶暴さに終盤はヤラれた様子(笑)


なお、退店時の外待ちは30名弱ほどだった。



どうもごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

>以前は乳化してショッパモードなイメージだったはずだが、みりん風調味料の甘みが強めの非乳化寄りのスープである。

はげしく同意なわけだが

研オナコ | 2016年9月10日 08:38

>>原チャソさん
原チャソさん的には以前の方が好みですかね?

不死身のてっちん♂ | 2016年9月10日 10:53