なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「俺のたんたん麺 850円」@俺の出番の写真こちらのお店の最寄り駅「東池袋」といえば、お家騒動の「大勝軒」が有名だが、今回はサンシャインを挟んだ反対側(春日通り側)にある、何とも特長的な店名のお店に、初来訪(^^)

春日通りから一本路地を入ると、引き戸が開放状態になっている、まるで飲み屋のような外観のお店を発見! 壁にカラーの料理写真が張られている他に、居酒屋的なメニューも小さな黒板に確認でき、麺類は「しょうゆ(和)」「しお(和)」「みそ」以外にも「梅香麺(冷やし?)」「うまとろ豚カレー」「俺のとんとん麺」「勝浦タンタン麺」と個性的なメニューが800円or850円の価格帯で設定されているが、今回は「俺のたんたん麺」(850円)とやらを実食!

調理場に面したカウンター席は3席と少なく、5~6人卓×2卓と10名は座れるであろう大きな丸テーブルが1卓あり、店内は思いっきり居酒屋風な内装で、先客でテーブル席にカップルが1組おり、カウンター席に着席

比較的早めの時間で着丼した「俺のたんたん麺」は、挽き肉の乗った一般的な「坦々麺」と違い、サイの目にカットした炙りのチャーシューがゴロゴロと盛られたインパクトのあるビジュアルで、見た目よりも肉の食感は柔らかく、シャキシャキのニラ&もやしの食感も良く、小口切りの長葱もアクセントとなり、まさに「俺の~」と付いたネーミングがピッタリのオリジナル感溢れる坦々麺(^^)
スープによって種類を変えるという麺は、たんたん麺だとストレート細麺が使用されており、コシはそれほど強くないが、辛味と胡麻風味のしっかりとしたスープを引き立たせており、スープのベースも坦々麺にしては珍しく、魚介系と動物系のWスープを使用しているとの事で、単調な坦々らしくない深みのある旨味があり、辛さは控えめ
卓上調味料には、醤油・ラー油・酢の餃子セットに七味唐辛子があったので、ラー油&七味で辛さを増した「俺流」カスタマイズを実施

 愛想の良い対応の調理担当(40代男性)と頑固そうなホール担当の親父さん2名でのオペレーションをしており、元寿司職人という経歴のようで、使用している食材に様々なこだわりがあるのは判るが、店内に乾物が入っていたと思われる段ボールや、米の袋等がそのまま積み上げられていて雑多な印象があり、味的にクオリティは高いが好みが別れそうなお店(+o+)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。