なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 かしわぎ
住所 〒164-0003 東京都中野区東中野1-36-7
電話番号 非公開
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00
[日・月] 11:30~15:00
定休日 火曜日
席数 カウンター5席、テーブル4席
喫煙 禁煙
最寄り駅
JR中央・総武線『東中野駅』(273m)
マップで周辺を見る
アクセス JR中央線「東中野駅」東口・南側口から徒歩3分
駐車場 駐車場なし
店舗対面にコインパーキングあり
ベビーカー ベビーカーでの入店OK
開店日 2017年6月2日
メニュー メニューの写真を見る

塩ラーメン680円
醤油ラーメン680円
替玉100円
お昼のご飯120円
味玉100円
チャーシュー250円... 続きを見る

塩ラーメン680円
醤油ラーメン680円
替玉100円
お昼のご飯120円
味玉100円
チャーシュー250円

ビンビール500円
ハイボール450円
ウーロンハイ380円
元に戻す

備考

麺処 今川の店主

香味油は鰹節・鯖節・煮干しの香りを背脂に移した魚介背脂を使用。

麺処 今川の店主

香味油は鰹節・鯖節・煮干しの香りを背脂に移した魚介背脂を使用。
元に戻す

タグ 無化調
外部リンク
初レビュアー銀あんどプー(2017年6月2日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
90.243ポイント
レビュー件数 163
レビューユーザー数 95
平均点 87.417
総合順位 78位
スキ 22
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

かしわぎのレビューピックアップ

「塩ラーメン 680円」@かしわぎの写真東中野へ仕事で来たため、久しぶりにかしわぎへ。

塩ラーメン(680円)を注文。

オープン前に着いて店前で待っていると、店内にある待ち用の席へ営業時間前なのに案内して貰えた。

食べてる途中にお冷やがなくなっているのに気づいて入れてもらったり、替え玉を頼んだひとには豚骨ラーメンのように固さが何段階かで選べたり、色々と細かいところへの気配... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油 680円」@かしわぎの写真かしわぎ@東中野 醤油680円 卵かけご飯120円ビール 豪華お通しつき500円
大好きならーめん屋さん達の進化が止まらない!お前もか!かしわぎ!
680円という破格ながら有り得ない質の高さを誇るラーメンを提供するかしわぎ!何時もは上手すぎる塩を注文だが久々に醤油を食べたらガラリと印象が変わってました!以前は上品な富山ブラックと評しましたが、以前より胡椒が控えめになり、豚清湯... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン680円➕味玉100円」@かしわぎの写真平日、午後12時30分過ぎに初訪問。待ち客3名(店内)に接続。4分程で着席。
4分程で着丼。なかなか早い回転です。

その中で客が入れ替わるたび、スープの濃さの調整ができることを、店主さんが何度か伝えてました。塩の注文が多かったようです。

まずは、スープ。鶏油が丼をオブラートした、濃い生醤油が上手く合わさったスープです。色は濃い目ですが、濃い目が... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン+味付けたまご」@かしわぎの写真08/27 1240 着岸。
券売機にて 塩ラーメン と 味付玉子 都チャーシューを購入。


スープは、鶏の油が膜を貼り、鶏ダシが出ているお味です。
麺は固めにお願いして、ストレート麺に歯ごたえの良い硬さで、スープの香りと油を絡めて美味しく頂戴しました。
半熟の味玉がスープにとても合って美味しかったです。
味が素朴で控え... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン 680円」@かしわぎの写真7月のとある日

7、8名の列に連結。直射日光の中汗が滴り落ちます。遮る物が欲しい…

回転はゆっくり。30分程で店内へ。

クラクラして券売機のボタンを押す手が小刻みに震えてます。危なかったかもしれません。

カウンターに座りボーッとしてると提供です。

柔らかい醤油のスープ。... 続きを見る

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

かしわぎのお店情報掲示板

年末年始

通常営業いたします

2017年12月23日 11:35
【取材事項】

店主は今はなき麺処 今川にて鶏清湯のラーメンの方を
担当していた今田氏。また野方食堂では月替わりで限定創作麺を担当。

豚骨主体の清湯スープは塩・醤油ともに化学調味料無添加。
タレは塩には国産天然塩を使用し、
醤油は高級割烹しょうゆ「本膳」を中心に使用。
製麺は京都から取り寄せる麺屋棣鄂にものを使用。
やや硬質で咀嚼感のある歯切れに良い細麺(120g)は、
小麦の配合など製麺所都合により店主にすら非公開。
チャーシューは豚肉のロースとバラの部位の2種。
タレに漬け込み低温調理した後、オーブンで焼き上げた焼豚。

オープン延期のお知らせ

かしわぎ
5月29日(月)のオープン予定
でしたが、厨房トラブル
の為、延期します。
ご予定していただいた方
申し訳ありません。
オープン日が決まりましたら、
再度、ご案内させていただきます。
(以上は店頭ボードの告知より)

オープン日の案内に関しては、今回のような店頭ボードないしは
店開店に携わった関係者各位やかつて店主が鶏清湯を担当していた
麺処 今川の常連客などを招いての好意的に捉えられる
レセプションではなく、
店のPRを兼ねてなのか昨今では非常に珍しい
一見のラーメンブロガーを複数招いての試食会を
行われたようで、その方々に知らせ経由して
ネットでは知ることができるかもしれません。
この試食会が追い風になるか逆風になるのか、
10年前ならいざ知らず、どうなんでしょうか?
何かの火種にならなきゃいいんですけどね。