なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(醤油・小)」@ラーメン青木亭 戸田店の写真近くにありながらいつも素通りでしたが、ふと気が向いて行ってみることにしました。
昔、この界隈では「ドモン」が人気で、若かった私もよく食べに行っていましたが、それを思い出す懐かしい味。ラーメンショップ系定番の背脂豚骨醤油、塩分は強いが脂はさほどしつこくない、中太麺と白髪ネギがよく合うスープです。
東京、埼玉では確立されたジャンルでしょう。たまにはいいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 醤油」@ラーメン青木亭 戸田店の写真遅めのランチ、先客3名。
豚骨ベースで背脂の甘味たっぷりな醤油風味のスープ。
中太ストレート麺はプリプリとして、噛み応えがあります。
総じてこってりでボリュームもある一杯です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン(小)」@ラーメン青木亭 戸田店の写真拳骨を強火で炊いて、あっさりの中に旨味が躍動する、口当たりの良い豚がらスープが完成する。醤油だれは、強めな塩味の中に仄かな甘みが漂い、多めの背脂で迫力とコクを補完。スタンダードな、東京の豚骨醤油スープ。
そこに合わせるのは、中太のストレート麺。香りが高い癖のない風味が魅力で、歯応えの粘り腰を噛み締めるたび、力のある香りが鼻先へと抜けて行く。
味が濃い目でワイルドな仕上がりは、山... 続きを見る

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン(小・醤油)¥700」@ラーメン青木亭 戸田店の写真2018.12.15 12:10到着。中待ち2名に接続。

これは正しくネギをフィーチャリングした構成ではないだろうか。やや大人しめな豚感と醤油ダレだが背脂でコッテリさも醸し出す。いわゆる老若男女選ばないスープだ。麺も然り。あくまでスープとの対比で作られた印象で何も文句ない。具材の主役はもちろんネギ。正しい調理で投入されたソレはキマらない訳がない。スープに流れ込む魔法の粉のパ... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「定番(醤油)中 ¥1000」@ラーメン青木亭 戸田店の写真初めて訪問。
昔のドモンが懐かしい。ラーメンショップで良い店はだいぶ減りましたね。似た系列を思いだし今回はこのお店へ。
やっぱり定番ですね。醤油、塩、味噌が同額で食べれるみたいですが、醤油を選択。
久々の味を堪能しました。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン醤油-中(¥700)」@ラーメン青木亭 戸田店の写真ビジュアル-2/5
スープ-1/5
麺-3/5
トッピング-3/5
満腹感-5/5
清潔感-2/5
接客-2/5
CP-3/5
備考-無し

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒塩小(750円)」@ラーメン青木亭 戸田店の写真昨年の7月末に2回目の訪問となりました。
前回は定番中だったので今回はかわり塩3兄弟から黒塩小(750円)にしました。

最初は黒ゴマが沈んでいるので、見た目定番のようです。
麺を引き上げ、スープを混ぜると、中から黒ゴマの黒い部分がワンサカと出てきます。
見た目炭のようで食欲が下がります。
味ももともと濃くない塩味にゴマが中和し... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン(醤油)¥600」@ラーメン青木亭 戸田店の写真本年96杯目。
初訪の店舗にて、「ラーメン(醤油)¥600」ぉ。

背脂醤油のアトム補完、スープの豚臭ゎ低めで安定の懐かし系。

中丸麺、茹で湯の切りがアマイ!鹹水も効いたチープな懐かし系。

意外にも豊富な具材陣、塩っぱ〜チャーシュー、水っぽいメンマ、味葱、ワカメ、半熟卵。

チェーンの背脂醤油として、枠内... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「定番 中(1,000円)」@ラーメン青木亭 戸田店の写真自宅の近くなんですが、何度か食べようと通りがかったとき閉まっていることが多く、
その存在を知ってから食べるまで約1年かかってしまいました。

後で公式サイトを見て知ったのですが水曜日定休とのことなので臨時休業だった
のか、よっぽどタイミングが悪かったみたいです。

青木亭は他に草加店や東川口店は数回通ったこと... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

値段は650円。埼玉では時々CMが流れているチェーン店。名前だけは知っていたのですが、今回RDBで調べ、近場のこちらへうかがってみることにしました。
時間はちょうど昼時。10以上あるカウンター席は大半が近くの工場で働いている人々で埋まっています。なるほど、お店の立地というものは大事ですね。

やがて空いた席に案内されたので、店員の方に食券を手渡し、待ち、いただきました。
スープは、いきなり分かりやすい旨味と塩気がぐっと舌を掴みます。化学調味料で調節した味です。注文したのは醤油味で、なんでも下地にはげんこつベースの肩ロース入り豚骨スープが入っているそうです... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件