会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
71

「辛麺 770円」@光 mituの写真自宅から程近いご近所のお店。

こちらのお店では『海鮮らーめん』と『エビチリ温麺(うーめん)』がオープン当初からの看板メニュー。両メニューとも「海鮮」が切り口になっておりラーメンとしては個性的。こういった個性的なメニューや、お店の雰囲気づくり、誠実な接客にご店主のこだわりを感じ、近所 (新板橋駅周辺) のお店の中では好感を持っているお店です。

店先のPOPを見ると『辛麺』なるメニューが新しく加わっている様子。さっそく入店し券売機で『辛麺 770円』を購入。カウンターに着席し程なくして提供となります。

見た目でまず気になったのが、真っ赤なスープと黒いチャーシュー! 特にチャーシューの黒さはスープの赤とのコントラストで異彩を放って見えます(驚!!)。

気になる黒チャーシューは取り敢えず後回しにしてまずはスープを。
真っ赤な色からくる予想を裏切らずしっかり辛い。味噌がベースになっている(??) と思われ、出汁の風味は少し浅いかな。辛さの種類ですが、スープの表面に一味唐辛子が浮いているわけではないので喉に引っ掛かる辛さではない。イメージ的には「韓国の“辛ラーメン”系」でジワジワと辛さがくるスープですね。

最初に黒いチャーシューだと思っていたのは、食べてみるとチャーシューではなく「角煮」でした (汗)。 ほんのり甘くしっかり味がしみています。煮込むことにより肉の中の水分を蒸発させているので食感は少し固め。「ギュッ」と味と肉の繊維質が詰まっている印象。おそらく黒糖と醤油で時間をかけて煮込んでいるのだと思います。
その他の具材は、極太のメンマ、白髪ネギと小ネギ、そして海苔。極太のメンマは食感が固すぎず柔らかすぎず、食べ応えバッチリで好きなタイプ。

麺はこちらのお店で他のラーメンにも使っているものと同じ「平打ちのちぢれ麺」。麺に関しては以前から、濃い味のスープに絡みやすいだろうと思っていたので、この辛麺のスープとは相性が良いと思います。

総評としては、看板メニューの『海鮮らーめん』と『エビチリ温麺』が個性的なのに対し、こちらの辛麺は少しパンチが弱いかも。単に「辛いラーメン」になってしまうとリピートの獲得が難しいかなあっていうのが率直な感想です。(言うだけなら簡単なのですが)ここにしかない個性がスープや具材に出るといいなと。個人的には、他の具材で原価調整をして白髪ネギを山盛りにしてもらえると嬉しいです(笑)



<とよ吉のラーメンブログ>
〜東京ラーメンレポート〜
http://ramen-report.tokyo/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。