なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:50頃訪問。他客は無し。店内は割と広めで、厨房を囲むカウンターの他にテーブル席が3つ設けられている。それなりの年季は入っているようだが、程好く清潔にされており居心地良好。男女各1名による切り盛りで、接客は普通。

本メニューを選択。辛さは5段階の真ん中で頼んだ。他、家系式に好みを選べるようだが、特に指定せず。
暫く待って配膳された。

スープは表層の赤みが強く、唐辛子細片も見受けられる。その下層は家系豚骨醤油的色合いで、粘度は感じられない。
飲んでみると、唐辛子の刺激がダイレクトに感じられ、辛味が前面で主張する。決して「激辛」という程では無いと思うし、奥深いフレイヴァーも無いが、辛いもの好きの人にはそれなりの満足感を得られる事だろう。
ベースの豚骨醤油はライトだが、不満を覚える程の薄っぺらさを感じる事も無く、スッキリとした味わいに違和感無く纏め上げられていると思う。塩分濃度も適度でキレに不足無し。それなりにレンゲが進むヒキが確保されている。
序盤から卓上のおろしニンニクを投入したが、良い味変になってくれた。

麺は、軽いうねりを帯びた中太麺。角ばった断面を有し、家系標準よりはやや細め。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。密度感を伴うツルツル&ムッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。良い麺だと思う。スープとの相性も申し分無し。
量は、家系標準よりも少なめ。この点がちょっと残念。サービスで小ライスを付けてくれると満足度が高まりそうだ。

具として、チャーシューは、しっかりとしたサイズと厚みを有するロース肉が1枚。ホロホロに柔らかく、肉の旨みが十分に感じられる良質のもの。味付けも適度で非常に美味。
穂先メンマは1本乗るのが、家系としては珍しい。特に上質のものとは思えないが、軽い食感が心地良く良い箸休め。
ホウレン草はクタらされているが、それなりの風味、食感が残されている点に好感。
大判の海苔2枚は、しっかりとした質感のもので黒光りしている。
他に少量の刻み葱。

際立った特長が無く、かなり地味な印象を受けるが、バランス良くキッチリと作り上げられており、それなりには楽しむ事が出来た。わざわざ食べに来る程では無いが、地元の人には重宝されてもおかしくない一店だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。