なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン」@東池おはこ大勝軒の写真<量が多くて久しぶりに苦しいー>


 なんだか私は疲れてきた、・・・・最近の大勝軒巡りについてです。割と行きやすいところから攻めてみたのもあって、今となって未訪問の大勝軒を探そうとすると、距離と営業時間でハードルが上がってゆく一方です。しかし、爪痕残したいので、今回は何とか上野での用事があったので、ちょっと無理して巣鴨まで足を伸ばしてみました。平日昼間の大勝軒探検活動は、もうここが限界だろうなと思われます。

(外観)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848112

 昼飯ピークも過ぎたころに来店してみましたら、ご近所サラリーマンとガテン系のお兄さんがパラパラっと座っておられて、客入り三分の一程度。まったりとした昼下がりの雰囲気がよいねー。私も疲れてきたと思ってたら、こちらの夫婦舟営業の奥様も、ちょっとピークを越えてほっとしたのか、気だるそうであります。私は疲れてたというより、今回は体調が優れなかったのかもしれません。普段デフォルトの茹で上げ300gなんて、へっちゃらで食えるのに、今回は妙に後半辛かった。300g以上あったんじゃないの?って思えてならない。もう今日は晩飯いらんわー。

(メニュー)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848142





汁:「見事にサッパリした豚骨感と薄めの魚介感!醤油ダレがパワフルに見えても、実は角が丸め!」


 「東池」とあるから、豚骨出汁がよく煮出され魚介風味の甘さを想像していた待ち時間。実際に配膳されると、麺顔のゴージャスぶりに目をとられますが、スープの方はと言うと、これが想像外の見栄え。はっきりとした「醤油らーめん」のような雰囲気がありありです。スープにも透明感が溢れ、醤油ブラウンが映えている。メンマの色合いも醤油に深く染まってて、こうなれば逆に醤油由来の酸味なんかを期待してしまう。

(麺顔全景)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848156

 ゆっくり味わいだすと、とは言っても、醤油系のキッパリ感は影をひそめ、どちらかと言うと醤油の味わいが丸い。塩気も穏やか。そして熱々。動物系のエキスも見事にさっぱりとしていて、鶏がら系とそう変わりないスマートさが印象的です。そのスマートさは魚介のエキスにも出ていて、最近ライトに思える王道の東池袋系と比べると、さらにその上をいくライトさ加減です。

(麺顔アップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848169

 麺をすすり始めると、麺の風合いがスープに移り撹拌され、やや霞がかった風合いに変貌する。この時点で麺と一緒に味わい出すと、スープにも甘みが加わるような味風景に微妙に変化が起きます。これは、グビグビゴクゴクと一気に平らげてしまいそう!と思うのだけど、今回は麺に胃袋のキャパシティをとられて、結構悪戦苦闘してしまいました。

(スープアップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848193





麺:「中太で緩やかなウェーブ!多少ボコボコなフォルムと淡白な反発、ニュルつく様な滑りでスープに濡れる!」


 王道の柔らかめの麺で、密度感は低くとも明るいモチモチ感で楽しませてくれるタイプ。されど少しモチモチ度合が淡泊な傾向で、ライトに食えそうなイメージです。なのにだ、後半は多くて結構苦労して食切りました。伝え飽きたくらい「スパスパ」とした軽い切れ味で、奥歯ではクチっと短いタップで潰れてゆく感覚。グルテンの風合いを楽しむよりも、弾力とスベリを存分に楽しみたい。

(麺アップ)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848201

 湯切りはしっかりとしているのだろうけど、微妙にぬるつきを覚えるような地肌で、スープが絡むというより、スープで濡れたというような表情。中太麺で多少ボコボコっとしていようとも、ズボボボボーーっと一気に啜りきれる感覚です。しつこようだけど、本当に300gだったのだろうか・・・。淡泊な多加水麺にして、胃袋の負担を感じている・・・。

(麺リフト)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848212





具:「大勝軒随一の質感とボリュームの高さ!チャーシュー麺で死にたい!」


 何と言っても肉だ!このデフォルトのチャーシューは素晴らし。大きさは申し分なく、厚さは、カバーをしたiPhoneSEの厚さくらいある。しかも繊維質が柔らかくて密集しているため、歯型を残すようにしてクッシリと食うと、ゆっくりとほぐれてゆく。その感覚がすばらしい。中心部は薄いピンク色が残っており、全体的に薄味。薄味な方が旨いと思える肉質で、これでチャーシュー麺にしてくれるなら最高でしょう。麺で死ぬくらいなら、この肉で私は死にたい。

(チャーシュー)http://photozou.jp/photo/show/1985094/246848182

 またメンマがいい表情。細めでコリコリっと歯ごたえが楽しく、しかも色合いが深い割にはサッパリとした塩気。これなら酒と合わせたいと思ってしまう。ちなみに、こちらの瓶ビールはサッポロ赤星でございますから、楽しめそう!。







 総じまして、「巣鴨の肉肉しい大勝軒」と言うか、もう考える気力がございませんでして、何だか変なまとめでごめんちゃい。それにしても、元気がよければここのチャーシューでビールでもあおりたい気分です。何になればまた再訪問を考えようか。スープや麺よりも、今回だけは肉のイメージの方が鮮やかだよなー・・・。本来的な目的ではなかったけれど、よい記憶だけがまた残る。次回は、麺を半分にして肉増しで臨みたい所存です。そんな逆野望をかかえつつ・・・とっとと詠って寝ます。



   巣鴨にて
   肉のすごさに
   悶絶し



   電車に揺られ
   爆睡遅刻



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは~
スープが少ないのかと思ったら麺量が多かったんですね(笑)
チャーシューは厳つくて食べ応えありそうです!
今後は夜の大勝軒活動が多めになりそうですね✨

銀あんどプー | 2017年4月20日 20:57

こんばんはぁ~
大勝軒シリーズお疲れ様でした。
そろそろ違うのも食べたいですよね。

mocopapa | 2017年4月20日 21:46

mocoさん・・・いえ、もう少し用意してまして(汗)。

なんだか私は疲れてきた、・
今日も笑わせて頂きましたw
こちらは10年前ぐらいかな?よく行った店でした。
さすがに今でもボリュームがあるんですね!
こんなチャーシューで死にたいですか?もっと良い死に方教えますけど?

昭和のBecky! | 2017年4月20日 22:46

おばんです。
怒涛の大勝軒シリーズ、お疲れ様です。
これがラストではないようで〜驚
居住圏内近くなんで、これまで、
お店の前は何回も通ってきました。
チャーシューのインパクトが、
結構ありますね。
行く機会があったら、麺は減らします。

おゆ (時々) | 2017年4月20日 23:33

どもです。
大勝軒を巡らているようですね。
麺量300g(体感それ以上)は多いなぁ..
お腹一杯になると、眠くなりますw。

ピップ | 2017年4月21日 00:05

こんばんわー!
そらとまそんさんやりすぎですものw
少し静養なさってください。(自由と言う意味で)
でもまだ続きますか…w
とまそんさんへのレクイエムとして新所沢のお店に行こうか本気で考えますよ(笑)

塩対応(一旦活動停止) | 2017年4月21日 01:51