なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:00過ぎに訪問。先客2名後客3名。店内は適度なスペースを有しており、厨房を囲むカウンターの他、壁に対面する短いカウンターと6人掛けのテーブル席が1つ設けられている。年季が入っているが不潔感は無く、居心地の非常に良い空間だ。店主さんと女性2名による切り盛りで、接客は普通。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、ほぼストレートの真っ白い中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。瑞々しさを伴うツルツル&モッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しめる。まさに大勝軒という感じの良質の麺だ。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、この系統らしく適度に多め。自分には、これだけで十分な満腹度。

つけ汁は、醤油の色目が中庸に出ているもの。大きめの器にタップリと注がれているのは嬉しいところ。
麺をつけて食べてみると、醤油が軸となったスッキリとした味わいに仕上げられている。甘・辛・酸のいずれもがしっかりと感じられて絶妙に味わいを深めているが、いずれも過度の主張は無く、非常にバランス良好。
出汁感という点については、魚介系、動物系共に、現代的な派手な主張は感じられないが、何ら不足の無いコクが確保されており薄っぺらさ皆無。口中にジンワリと伝わって来る旨みが実に心地良く文句無し。
塩分濃度は適度と言えるだろう。過度のトガりは抑えられながらも、最後まで強いキレとヒキを持続してくれていた。
途中、カウンター上の黒胡椒とおろしニンニクを使用し、最後は酢を投入。いずれも非常に良い味変となり、結局、タップリのつけ汁をほぼ完飲してしまった。

具は、全てつけ汁に入れられている。
チャーシューは、十分なサイズと厚みを有するロース肉が2枚。非常にしっかりとした歯応えだが、パサつきは皆無で、噛み締めると良質の肉の旨みが滲み出て来る。嫌味皆無の控えめな味付けも良く非常に美味。
メンマは色目の濃いものが多めに沈んでいる。強いコリコリ食感が心地良く、適度な味付けで非常に良い箸休め。
他に、固茹での半玉子、小さめの海苔2枚、刻み葱、ナルト。
全てが見事に調和しており文句無し。

奇を衒わず、丁寧にバランス良く作り上げられた大勝軒のつけ麺を大いに堪能する事が出来た。この普遍的にして飽きの来ない味わいは、矢張り素晴らしいものだ。いつの時代にも存在価値を失う事は無いだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。