なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「軍鶏らーめん 800円(ふる里あわの秋まつりイベント店舗)」@白河ラーメン 麺や鶏正の写真みなさんこんにちは 小生 木の葉オ○コと申す新参者だ。

【行列消えず】

*店
春にお邪魔して好印象だったコチラ『白河ラーメン 麺や鶏正』さんは、週末は店舗をお休みにしての各種イベントへの出店が多く、9月30日の「第7回 麺-1グランプリ in 館林」 https://gunma-ramendb.supleks.jp/review/1096642.html に続き今回は旧粟野町の「ふる里あわの秋まつり」でいただいてみた。
イベント会場到着は11:30、家族は「アンパンマンショー」へ、アタシはコチラの行列に接続する完璧な計画なのだ。
ラーメンと同時に「山盛からあげ」が販売されており、小型フライヤーでは捌ききれず長蛇の列なのだ。
30分ほど待って丼を受け取った頃には特設ステージ周辺には人だかりができており、ショーが始まっていたのだ。

*丼
チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔が黒褐色のスープに奢られるも、プラ丼が故お高い印象は否めないのだ。

*スープ
初動でキリリとした醤油ダレと同時に鶏の圧倒的な存在感が押し寄せる、表層の鶏油のアシストもあってイベント店舗とは思えない素材感だ。

*麺
平打ちの弱縮れ麺は店舗で提供されるモノとは異なり、熟成が進み、粉の風味も弱めな代わりにカンスイが強く感じられた。コチラのお店の美点である全粒粉配合の自家製手打ち麺ががいただけなかったのは非常に残念だ。店主様に確認したところ、何度か自家製麺でイベントに参加したが、屋外のため麺が乾いてしまい、使い物にならなくなってしまったそうだ。(麺-1GPも2日目はこの麺を使ったとの事)

*具材
脂身のない煮豚は薄めが3枚、肉質は良好ながら店舗とは違い燻された香りは弱い。メンマ、ほうれん草は醤油感強目のスープとの相性は良好だった。

*総評
イベント店舗として捉えれば上々の出来だが、店の美味さと比較してはいけないだろう。とは言え、なかなか遠出ができない身としては、家族を満足させつつ美味い一杯がいただけた今回の計画は大成功なのだ。ちなみに、帰り際になっても行列が途絶えることはなかったのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

泡で踊るよ足利スチーム
並みいる同士を差し置いて
狙うは口開けかぶりつき
まな板ショーってなんですか

笑う赤青龍 | 2017年11月22日 09:18

貴殿が誰かわかったような気がするわけだが。

研オナコ | 2017年11月22日 21:46