なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:50頃訪問。他客は4-5名。店内は適度なスペースに、厨房を囲むL字型&壁に対面する短いカウンターが設けられている。程好く清潔にされており居心地の良い空間だ。男性2名女性1名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。並・中・大盛が同額との事で、大で頼んだ。暫く待って配膳。

麺は、ほぼストレートの真白い太麺。表面の艶やかな光沢が食欲をそそってくれる。
食べてみると、茹で加減はやや固めで、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&ムッチリとした質感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。小麦の風味旨みもしっかりと感じられる紛れも無い上質の麺だ。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、大盛りだとしっかり多め。自分には十分以上の満腹度だった。

つけ汁は、明るめの色合いに茶濁。強めのトロみが感じられる。
麺をつけて食べてみると、動物系のコクと旨みが濃厚。特に、ホルモンの甘み、コッテリ感がしっかりと感じられるのがポイント。食べ手によって評価が割れそうな方向性だが、特徴が打ち出されていること自体に好感が持てる。
魚介系に強い押し出しは無いものの、味に飽きの来ない奥行きをもたらしており、文句無しのバランス。
塩分濃度は、つけ汁として適度に高め。何ら不足の無いキレを生み出している。付与されている甘みも嫌味になる程では無く、味全体を纏め上げており絶妙だ。
途中、カウンター上のカレー魚粉と一味唐辛子を使用したが、いずれも良い味変になってくれた。

具は、概ね、つけ汁に入れられている。
炙りの入ったホルモンは、小片含めて4-5個。プリプリとした良質のもので、期待通りの旨さ。
メンマはサクサク食感が心地良く、良い箸休め。
キャベツは味と食感の両面で非常に良い役割を果たしている。
他に、水菜、不均一なサイズ、形状に刻まれた白葱。
麺側に乗せられたレンゲには、味変用のカットレモンが1切れ添えられている。

ホルモンを主役として、上手に纏め上げられた濃厚つけ麺。このコッテリ感は食べ手によって評価が分かれそうだが、クオリティは文句無しだと思う。個人的には大いに楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。