なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30の開店直前に到着。先待ち後続共に無し。店内は小ぢんまりとしており、1列のカウンターと1つのテーブル席が設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男性2名による切り盛りで、落ち着いた感じの接客。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、赤みと帯びつつ茶濁。粘度はさほど感じられない。
飲んでみると、牛のコクと旨みがしっかりと主張するが、フォンドボーの手法により、「洋」のニュアンスが強く打ち出されているのが最大のポイント。ビーフシチュー的なテイストも感じられるのだが、ラーメンスープとしても違和感は皆無なのが見事。トマト等、野菜の旨み、甘み、酸味も脇を固めており、濃密な味わいが形成されている。
塩分濃度はまさにジャスト。トガりは抑えられているものの、最後まで飽きの来ないキレとヒキを生み出している。

麺は、強い縮れを有する平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モチモチ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。紛れも無い上質の麺。この一杯に於けるマッチング性も申し分無し。
量は普通位で、程好い満腹感が得られた。最後、ラーメンと一緒に供される小ぶりのクロワッサン1つをスープに浸して食べたが、これも文句無しの旨さ。なお、クロワッサンは自家製で、2個まで無料との事。

具として、ロ-ストビーフが4枚盛られるが、オーソドックスに旨い。カウンター上に設置されているすりおろされたニンニク、西洋山葵を付けて食べると、なお旨かった。
中央には、水菜等の野菜が細かく刻まれて適度にタップリと盛られる。さらにその上には、揚げられたレンコン1片、大ぶりのタケノコ、ベビーリーフが飾り付けるようにして乗せられている。
いずれも、味と食感の両面に於いて、非常に良い役割を果たしている。

一般的なラーメンとは大分趣が異なるが、全体として何ら違和感無く纏め上げられており文句無し。見事なアレンジ力としか言いようが無い。他メニューも食べてみたくなる実力店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。