なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:40頃訪問。ほぼ満席状態。店内は適度なスペースを有しており、コの字型カウンターのみが設けられている。窮屈さや不潔感は無く、居心地は悪くない。男性数名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは真っ赤。液体油はやや多めで、若干の粘度も感じられる。
飲んでみると、期待通りに激辛。唐辛子のシンプルな辛味がダイレクトに口中を攻撃。大量の発汗は免れない。
辛味にマスキングされてベースとなる出汁の主張は強くないが、味噌のコク、野菜の旨み甘み、アブラ分のコッテリ感、ニンニクの風味などが味に一定レベルの厚みをもたらしており、物足りなさは特に覚えない。
塩分濃度は適度に高め。辛味と相俟って力強いキレとヒキを生み出しており文句無し。結構グビグビと飲んでしまったが、スープの量が、これまで中本系列で食べて来たものよりも少ない気がした。
最後、カウンター上の紅生姜を加え、サッパリ感を楽しんだ。

麺は、真っ白いストレート中太麺。
食べてみると、茹で加減は柔らかめ。コシ、歯応えといった面での主張は弱い。それでも、ツルツル&モッチリ食感と噛み切る際の潔い破断感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も良好。
量は割と多め。具と合わせると、自分にはこれ一杯で十分な満腹度が得られた。

具として、炒め野菜は小山を形成する程では無いが、十分な分量で不満は覚えない。内容としてはキャベツ、モヤシ、少量の人参とニラ、ホールのキクラゲ、ニンニクスライスといったところ。その上には多めの刻み葱が乗る。
さらに、十分量の豚肉細切れが野菜中に含まれており、スライスされた茹で卵2片が丼端に乗る。
煮込み野菜はクタリ過ぎていて出汁ガラのような質感。シャキシャキバージョンなるメニューもあったので、そちらを選択すべきだったかもしれない。また、豚肉は熱が通り過ぎていて硬く、旨みも今一つ。

具の出来等、残念な点もあるが、概ね、中本らしい仕上がりの激辛な一杯を大いに堪能する事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。