なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメンセット 「豚骨ラーメン+炒飯」」@中華料理 喜多郎 松本店の写真5月某日、昼、本日は昨日までの季節外れの猛暑も収まり、涼しいくらい。そんな中、松本のオフィスにてミーティングの昼休みを利用してチョイと一仕事に出かける。その途中の昼ラーに突撃したのはこちらの店。

市内に姉妹店「中華料理 喜多郎 両島店」を構える大陸系中華料理店。その筋ではボリュームのある爆盛りの各種定食類で有名な店らしい。実際、「ラーメンセット」もスゴイのである。

11:45着、先客1名、カウンター席に着座、後客15名以上。ここはやはり「ラーメンセット」狙いで、4種あるラーメンのうち未食の‘ラーメンセット 「豚骨ラーメン+炒飯」’(750円税込)でイッテみる。

そもそもこの手の大陸系中華料理店では「ラーメンセット」をラインナップしている店がほとんどと認識するが、御飯物はハーフサイズが多いのであるが、こちらはレギュラーサイズで、しかもそれがボリュームがあるのだ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、モヤシ、ナルト、ワカメ、刻みネギが、白濁した豚骨スープに乗っている。

スープから。白濁しながらも油浮きの全く無いサラッとした豚骨スープは、典型的なケミカル豚骨スープで、課長をベースとした厚みの無い平板な豚骨テイストがフルスロットル。カエシ、と言うかスープの塩分濃度は適宜で、ケミカル豚骨のウマミが全開であるが、想定内のテイスト。長年課長にいたぶられ続けている我が駄舌には、それなりに美味い、と認識される豚骨スープなのである。

麺は断面長方形のちぢれのある平太麺。加水率高めの麺で、茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感。私的には豚骨には加水少な目の細麺が合う。取りあえず普通に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーで醤油ダレが滲みて黒っぽいが、中国醤油や紹興酒辺りで味付けされた風味と味わいで、美味いのである。メンマは薄甘味付けの、柔らかサクサク食感。モヤシはシャクシャクで、チョイと水っぽい。ナルトは柔わ目の歯応えもあるのがウレシイ。ワカメは戻しが甘くゴワってる。刻みネギの薬味感はやや希薄。

炒飯はハム、玉子、刻みネギのシンプルな具材。味付けも良く、パラパラとしていて美味い。例によって、山盛りパンパンのボリュームがあり、腹もパンパンに膨れる。

スープは半分残し。松本での昼ラーに突撃したこちらの店での「ラーメンセット」。今回はラーメンを未食の「豚骨ラーメン」で、御飯物はいつもの様に「炒飯」でイツタのだが、豚骨ラーメンは予想通りのケミカル豚骨スープながらも、炒飯は例によって私的には大盛りサイズで腹がいっぱいとなった。こちらに通えばデブまっしぐらは必至、よって極腹ヘリ時の突撃手段としたい、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。