なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鯵しょうゆラーメン +背脂:無料」@ラーメン ヌプチェの写真5月某日、夜、本日はフレックスで仕事を早めに切り上げ、「シネマライツ松本」のメンズデイにて「空母いぶき」を鑑賞する。日本の近い未来が映画だけの出来事である事を願いつつも、展開に興奮し腹が減る。そこで帰宅途中の夜ラーに突撃したのはこちらの店。

かつての「俺らラーメン ちょもらんま」を支えていたW店長の一人が立ち上げた個性的な「海老味噌ラーメン」をウリとする店。最近メニュー構成が変わった旨の情報を得ていたので突撃してみる。

20:20着、先客5名、カウンター席に着座、後客2名。取りあえずメニュー表(メニュー写真)を検討、依然に比べ「海老味噌ラーメン」と以前限定だった「鯵しょうゆラーメン」に集約され、メニューを大分絞っている。そこで新顔の‘鯵しょうゆラーメン’(850円税込)を「背脂無料」と言う事でイッテみる。

それにしても基本メニューを2系統に集約した背景は何だろう?オリジナルの一杯、甘海老の頭を炒めてミキサーで砕いて絞った「海老味噌ラーメン」もさることながら、「海老塩ラーメン 」「海老とんこつラーメン 」も好みであったからしてメニュー落ちは私的に残念である。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、半味玉、キクラゲ、ノリ、白髪ネギ、刻み小ネギが、背脂の浮いた醤油スープに乗っている。

スープから。ベースはあっさりとしたガラだしスープで、今回加えた背脂の効果もあって、まろやかな動物系の旨味が味わえる。今回主役?となる鯵は、「俺らラーメン ちょもらんま」のウリの「魚介しょうゆラーメン 鯵」ほどのインパクトでは無く、穏やかな鯵の味わい。背脂の甘味が鯵を包み込む。合わせられた醤油の塩分濃度はやや低めで、まろやかで優しい醤油テイストを醸している。野菜の甘味も穏やかさを演出。しかしながら私的にはもうチョイ塩味が欲しいところ。マイルドな鯵醤油スープで美味いのである。

麺は断面長方形のウェーブのかかった平打ち太麺。加水率高めの麺で、茹で加減硬めが良く、ツルムチとした食感が実にイイ。鰺醤油スープとの相性も悪く無い。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシューで軽く炙りが入り、柔らかホロホロ。塩味も柔らかに効いた味付けが実に美味い。半味玉は薄味付け、チョイとお得に思える装備でウレシイ。キクラゲは細刻みで、コリコリの食感がイイアクセント。ノリは、磯の風味がある。白髪ネギのネギ薬味感が実に効果的に効いている。小ネギの爽やかなネギ薬味もイイ対比。何れも多めにあるのもネギ好きにはウレシイ。

スープは少しだけ残し。ポリティカルアクションとしても面白かった「空母いぶき」の鑑賞後に突撃したこちらの店での「鯵しょうゆラーメン」。メニューが2系統に集約された中の選択であった今回の品、出身店の「俺らラーメン ちょもらんま」ほどの鯵インパクトは無かったものの、穏やかな鯵テイストを味わえる魚介醤油ラーメンで美味かった。次回はウリの「海老味噌ラーメン」をイクしかない、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

コメント

まだコメントがありません。