なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油つけ麺750円」@STANDING RAMEN BAR DAIの写真醤油つけ麺(ランチタイム限定&期間限定)戴きました。
麺は平打極太ピラピラウェーブのエッジに丸みを帯びた新宿だるま製麵製で、良質な小麦を使用した風味豊かな啜り心地もいい手揉み仕様のピラピラ麺です(麺量:茹で前200gで腹7分目といったところで、中盛280gと大盛360gも同一価格です)。
つけ汁はオイリー感と粘度が無い酸味と辛味が微アリな清湯系醤油味で、ぱっと見色が薄いのでカエシが少ないと思いきや叉焼の煮汁などと鶏ガラや豚ゲンコツの動物系も感じられる旨味ある醤油のつけ汁に仕上がっています。
具は嬉しい穂先メンマ2本と大きな大きなバラ叉焼2枚とナルト1枚と雲丹トゲ刻海苔が麺に蓋をする様に飾られ、つけ汁に長葱とこちらにも油抜きされたバラ叉焼の切り落とし1つが浮遊しています。
大きな大きなバラ叉焼は厚切りではないですが適度な厚さもありお箸で持ち上げても存在感抜群ですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、長葱と共に絡んだ麺をジュル・ジュルジュルっと決して薄くないつけ汁の旨味を感じながら美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯系出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で長葱や刻海苔を追いかけながら唯一無二の東京佐野ラーメン味を美味しく戴けました。
ランチタイムは女性2人で切り盛りしていて、麺量サービスや月曜と土曜のランチタイムと毎日のディナータイムにはトッピング等のサービスがあったりとランチタイムではSTANDINGではなくSITTINGの和みのあるお店でした。

大きな大きな叉焼はこちら⇒ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9340571.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。