なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「真鯛と蛤の塩そば 900円」@SOBAHOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店の写真2019/7/10訪問

カウンター7席,2人掛けテーブル2卓。

以前の上司がいつか行きたい、と言っていたのを思い出し、休みついでに行ってみました。
11:05到着。開店に間に合わず、店外には20人超の列。外国人旅行客が多いとの情報でしたが、大半は日本人、旅行客はアジア系のみ。箸が使えるかどうかで客の回転の早さが変わるでしょうから、これならやきもきする事はないかも、と淡い期待を抱きましたが、店外で35分待ち、店内で15分待ち。着丼までの総計55分でした。

スープ:貝の表面のような薄い黄土色のスープ。名前も見た目もあっさり系の口当たりを想像していましたが、かなり重厚なこってりスープ。どの様な工夫をしているか知る由もありませんが、しっかりしたコクの中、魚介系の臭みは全くありません。刻み香菜からの香りもしっかり役割を果たしてます。

麺:加水高めのストレート中細麺。表面はツルツル、噛むともっちりした口当たりで、細麺の割に食べ応えありました。量もそこそこ入ってるように感じます。

具:チャーシュー,穂先メンマ,ネギ,香菜。その他ポルチーニ茸,インカベリーソース,白トリュフオイルなど使用されているとの事ですが、私の馬鹿舌では味わいきれませんでした。
卓上には黒胡椒,一味。

スープの独創性や麺の選定など、確かに美味いには美味いが、列に並び、CPも良いとは言えない価格設定。
はやい,やすい,うまい を三原則と考えている私には、ハードルの高いお店でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。