なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00少し前に到着し、外待ち2名に接続。5分程待ってから入店、着席。店内は割と小ぢんまりとしており、厨房を囲むL字型カウンターのみが設けられている。簡素な内装だが、キッチリと清潔にされており居心地はまずまず。男性3名による切り盛りで、まだ少し不慣れな感じも人もいるが、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、程々のうねりを有する白い太麺。ローカル色につながる素朴さを感じさせるルックスだ。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モチモチという質感と、噛み切る際の強い粘り感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。実に存在感の大きな麺だ。
量は、つけ麺として適度に多め。自分には、十分な満腹感が得られた。

つけ汁は色目の濃い醤油清湯。表層を程々の厚みの液体油膜が覆う。
飲んでみると、動物系、魚介系等の出汁がしっかりと味を支えている。特に濃厚という事は無いが、十分なコクが感じられて文句無し。椎茸の風味旨みが強めに感じられるのがポイントとなっているが、クセの無いバランス良好な味わいに仕上げられており、多くの人に受け入れられそうだ。
醤油感は適度にあるが、塩分濃度はつけ汁としては控えめな部類と言えるだろう。一方、辛味、酸味は抑えられているが、嫌味にならない質、レベルの甘みが味わいを深めており絶妙だ。
問題は、上述の麺による持ち上げが不十分である事。個人的に、このバランスには疑問を感じざるをえない。
最後、椎茸入りの割りスープを貰い、投入して飲んだが、成程、椎茸の風味旨みが増強され、中々面白かった。

具として、つけ汁に沈むチャーシュー1枚は、立派なサイズ、厚みを有する巻きバラ肉。赤身部分はしっかりとした歯応えでジューシーな肉質。醤油ダレによる味付けも良く、非常に美味。
他に、やや多めの青葱が表層に浮遊している。
具は以上のみと極めてシンプルな構成だが、カウンター上にはセルフで取り放題の激辛ニラ、味付キクラゲが設置されており、これらのクオリティが高い為、何ら不満は覚えなかった。

目を惹くような特徴やインパクトは無いが、幅広い客層に食べて貰う事を前提としているのだろう。いずれにせよ、キッチリと丁寧に作り込まれた醤油つけ麺を、大いに楽しむ事が出来た。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。