なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「河内鴨ラーメン」@HABIKINOほんてんラーメンの写真 高速の南阪奈羽曳野インターを降りて10分。ちょっとした農園の中にキャンピングカーとゲル、店名の入った「ノボリ」が目印。
 12:30頃、店につくと既に4組位の先客がいる。店は、屋内と屋外に分かれており、雨の日は店を休む?と書かれいる、天気に左右されるワイルドな経営。店舗の敷地には、焚き火のスペースや自家栽培の野菜が植えられており、店主の趣向が伝わる。さっそく、鴨ラーメンを注文し、待つ事5分位。自家製野菜にレアな鴨肉がトッピングされおり、麺は、少し茶色い麺の全粒粉を使用した細麺、スープは「鴨骨スープ」自分的には初めての味、一口飲むと鴨の臭みも無く、意外とあっさりとした味に驚き。鴨スープのインパクトと後からくる、コクがアクセントとなり、バランスをとる。しかし、独特の味は鴨スープのなせる業。1杯1200円と少し、高めの値段設定であるが他店とは違う味に舌鼓をうつのも悪くない値段だと思う。他店とは比較しにくい「個性派ラーメン」のお店でした。(参考までに春ラーメン800円・桜花ラーメン1000円 ご飯:200円(釜炊きご飯)「他では飲めないビール」があるらしい)
 御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。