なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「油そば(大盛り)」@宝華らぁめんの写真061203昼
「宝華らぁめん」という名前でわかると思うが、ここは店主が東小金井の中華料理店「宝華」で修行した店。暖簾分けの店ではあるが、スタイルとしては、中華料理店ではなく、ラーメン専門店だ。そして「宝華ソバ」が、「油そば」という表記になっているのは何故だろうか・・・。
さて、元気のいい店主が新人らしいアルバイトの若者にハッパをかけながら、調理をしている。そのやり取りは内輪の漫才のようだが、こちら観客は笑えないしウザイ。
そんなこんなで5分程で油そばが到着。チャーハンのようにスープがついてくる。これはちょっと嬉しい。驚きは麺の量。物凄く多い。大盛りにしたのだが、400gぐらいはあるのではないだろうか。
麺は中太の縮れ麺。「永福町大勝軒」と同じ草村商店の麺を使用しているようだ。具としてはチャーシュー1枚、メンマ、ナルト、カイワレ大根、刻みネギが盛られている。見た目は本店仕込みでくりそつだ。
さて、麺も具もぐちゃぐちゃに混ぜて食べる。一口二口・・・。何か本店で「宝ソバ」を食べた時の旨さがストレートに伝わってこない。暫く食べ進め、3分の1ぐらい食べたところで、ラー油と酢を回しかけてみる。そこそこ自分好みの味に変化するが、あの本店のものとは一味違う。醤油だれと油の量の比率が本店と違うのかどうかわからないが、ちょっと予想した味とは異なる。具はあくまでも添え物で、コメントとしては特に無い。おまけで付いているスープは、シンプルな醤油味だが、結構いける。これは点数アップだ。
全体としては合格だが、どうしても本店と比較してしまう。どうやら「宝華」の偉大さを感じてしまう一杯となったようだ。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

いちろです。imix01@yahoo.co.jp
私はしゅん☆さんが提案なさっておられる種の議論は、直接当事者間のみでなすべきものであると考えています。宜しければこちらまでご連絡下さい。

いちろ | 2006年12月11日 02:21