なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「四川担担刀削麺 900円」@四川料理 京華樓 別館の写真湯河原でおいしい料理と温泉を堪能した帰り道。
ふと辛い四川料理が食べたくなり、横浜中華街へ。

駐車場に車を停め、ゲリラ豪雨的大雨の降る中、中華街を徘徊。

中華街で四川料理と言えば、重慶飯店、景徳鎮、京華楼が浮かぶ。(過去の下調べの成果)
どこで頂こうか考えながら中華街をぐるぐる。

いい加減大雨の中を歩き廻るのにも疲れ果て、京華楼の別館に飛び込む。
着席しメニューを拝見。

嫁さんは、選べるハーフ刀削麺+半チャーハン or 点心のセット、私は本場四川の麻婆豆腐ランチに加え、グランドメニューから四川坦々刀削麺を単品で注文。
待つこと10分少々で注文した諸々登場!さっそくいただきます!

こちらの麺類は、生地の塊をシュッシュと削って茹でる刀削麺。

個人的には、それほど刀削麺が好きなわけではないが、こちらの刀削麺は、麺の質感、食感は、いままで食べた刀削麺の中でもトップクラス。
厚めの部分はモッチリした食感、薄いところはちょっとオーバーボイルなピロピロの食感、と、刀削麺独特のランダムな食感を堪能出来る。

オレンジに色づくスープはゴマのコクが主体。もっと芝麻醤のコッテリ感が前面に出ているとおもいきや、思った以上に薄口でスッキリしている。かといって不思議と物足なさを感じないバランスの良さはさすが名店といったところか。

山椒系のシビレは控えめなので、担担麺初心者でも食べやすいのでは。
(ちなみにレジで販売している花椒粉や食べるラー油の試供品が各テーブルに設置されている。お好みで利用して気に入ったらお土産に。。。w)

麺量200g弱といったところか。
ちなみにランチタイムは「刀削麺ランチ 700円」もある。単品と何が違うか聞いたところ、単品よりも量が少ないそうだ。

ゴマのコクにピリリとした唐辛子系の辛さが際立つベーシックな担担麺。
担担麺としては、それほど突出したもの、個性は感じなかったものの、刀削麺としての出来はよい。
刀削麺を食べてみたい方にならオススメ出来るだろう。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

すいんさん、こんにちは。
中華街へようこそ!
四川系が食べたいということで、ここを選ぶとはしっかり調査してますね~。

>刀削麺独特のランダムな食感を堪能出来る。
刀削麺ならではですよね、この厚さの差を楽しめるのは。

>山椒系のシビレは控えめなので、担担麺初心者でも食べやすいのでは。
私もデフォルトだとやや控えめなので、卓上の花山椒を入れたりしますね。

ここの麻婆豆腐もしっかり堪能されたようですね。私もここの麻婆豆腐は大好きです。

ぬこ@横浜 | 2011年9月14日 08:01