なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

14:00頃訪問。この時間でも満席近い状態。流石は休日の町田。店内テーブルは一人毎に仕切られており、何となく暗い気分になる。店員さんの声が敷居の向こうから聞こえるのも何だか違和感。その他、色々と細かい部分で分かりにくさを感じた。独特の店のコンセプトは自分には合っていないようだ。

麺超硬、ニンニク1片、こってり、青ネギ、チャーシューあり(当然だが)、秘伝のたれ1/2で注文。この細かい指定方式にも特に有難味は感じられない。あまり待たずに着丼。

スープはしっかりと出汁が出ており濃厚。豚骨ならではの重みがあり、「髄」という感じの良い意味でのクセも感じられる。「こってり」にしたのも奏功したのかもしれない。丁寧に炊き出されており、臭みは十分に排除されているが、過度に上品という事も無く、お手本的な博多豚骨スープだと思う。万人受けするとともに、自分のようなパンチ好きな層も一定の満足を得られる良質のスープ。やや強めの塩分はレンゲを進ませるヒキをもたらしている。秘伝のタレ(辛味)も、1/2にしたからか、邪魔にならずに適度なアクセントとなっていた。

麺は小麦の詰まった感じの極細麺。旨みはしっかりと感じられる。歯応えにはちょっと独特な粘り、ニチャッとした感じがあるもので、個人的にはもっとボソボソとした粉っぽい麺が望ましいところだ。

具は、チャーシュー2枚と青ネギのみ。チャーシューは薄くて小ぶり。味は肉の旨みも感じられまずまず。青ネギは風味良好。

優れたクオリティを有しているのだが、矢張り割高感は相当に強く感じられた。細かい注文指定も逆にケチ臭く感じられた。トータルで¥200位は下げて欲しいところ。それを加味してこの点数。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。