なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「タンタンメン激辛」@鶴廣の写真【入店状況】2012-05-16 1205入店。先客13名、後続8名。相変わらずの盛況ぶり。
【注文】タンタンメン激辛(700円)。
【待ち時間】7分。
【麺】細目の汎用タイプの麺。茹で加減は普通。麺の量も普通程度。
【スープ】鶏ベースのスープに唐辛子パウダーで辛味をつけたものか。軽くニンニクの風味も感じる。激辛を指定したが、辛さ自体はさほど強くなく、食べ終えた後にうっすらと汗が出る程度。イソゲンで例えれば中辛よりやや抑えめという程度。あと、今日は味付けがやや薄く感じられた。
【具】挽肉、溶き卵、ニラ、葱。具の構成は川崎溶き卵タンタンの王道タイプ。挽肉の量もそれなりにあるのは嬉しいところ。ニラの量は一見少なく見えるがスープの中に沈んでいるものもあるので、全体としてはそこそこ量はあった。
【感想】ややパンチが控えめの川崎溶き卵タンタンという感じの一杯。イソゲンのものとは少し異なるタイプだが、これはこれで悪くはない。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 25件

コメント

こんばんは。

激辛なのにイソゲンの中辛レベルですか。
川崎には、この手の溶き卵系タンタン麺が多いんですね。
初めて食べた時は「これ、タンタン麺じゃ無い!」って
思いましたよ。

きたはっさく | 2012年5月17日 20:41

ぬこ@横浜さん、こんばんは。

川崎溶き卵タンタンメンという分野があったんですね。知りませんでした。

卵、ニラ、ネギ、挽肉。これからの夏を乗り超えるための役者がそろってますね。スタミナ抜群です!

人類兼麺類 | 2012年5月17日 21:13