なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「みそラーメン 700円」@宇宙軒 本店の写真土曜の12時半過ぎに到着。以前札幌の新琴似にもお店があり、そちらで食べた“正油”味がとても好印象だったが、突然閉店してしまい、現在は岩見沢にあるだけである。積年の宿題店であるこちらに来店。席数も多く、客層も様々である。こちらでも正油かなと思ったが、味噌を食べている人がほとんどで、迷いつつ味噌をオーダー。待っていると満席になり、店内待ちのお客が出た。やはり人気店なんですね~。

出てきた一杯は大きなモモチャーシューが目立っており、味噌の良い香りと相俟って食欲が沸いてきた。そのスープを飲んでみるとアツアツで、その中に味噌からの甘みとトンコツからの旨みがしっかり出ていて美味しい!ニンニクをさりげなく使っているのがわかるスープは変な濃厚さがなく、どちらかというと昔ながらの札幌系味噌という印象である。かなり前食べた札幌ラーメンの懐かしさが感じられた。麺は中位の黄色い縮れ麺で、個性的なお店の暖簾には西山製麺と書いてあった。食べてみると麺にコシがあってスープとも良く馴染んでいて美味しいのだが、少し柔らかめの茹で加減。食べ進むにつれてそれがはっきり出ていた。麺量は標準的である。具材はチャーシュー・メンマ・輪切りねぎ・たまねぎ。大きいモモチャーシューはそのものこそ冷たい状態ででてきたものの、アツアツのスープに浸して食べると問題無し。浸すことによって赤身からの旨さが味噌スープと相俟ってシナジーしてとても美味しく味になった!メンマは良い食感・輪切りねぎは多めで存在感があった。炒められたたまねぎはスープに馴染んで甘みが出ていて美味しい!多くないこのたまねぎの味はスープにも影響しているように感じられた。スープも含め、あっという間に完食した。

最初のチャーシューのビジュアルが素晴らしく、そして具材の素材を生かしている一杯で、スープも油も北海道にありがちなくどさが無く、豆由来の味を引き出しつつトンコツをメインとした出汁で優しい味に仕上がっているラーメンだと思った。ニンニクも少量使っていることでスープの味にシナジーも感じられた。麺はそのものこそしっかりしたコシと味わいのある麺であるが、柔らかめに仕上がって出てきたことが気になった。麺こそそれ以上緩くなることがなかったものの、その茹で加減が惜しい。お店は“正油”だけでなく辛さを調節できる“激辛”等興味をそそるものも多い。今の自分ではなかなか来にくい所であるが、また来たいと思ったお店である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。