なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「支那そば」@はるばるていの写真初の訪問。小田急小田原線経堂駅の西、半分住宅街半分飲食街的な感じの街並みの一角にある。パッと見、三角の着いた黒いひさし、年季の入った看板、提灯、暖簾が目に付く。駐車場は、見当たらなかった。中に入ると、席は、カウンターで8席ほど。昼飯時、客は私以外2人。店は、調理の男性1人で切り盛り。席に着き、壁に掲げられているメニューから、お目当てであり私の定番の醤油ということでメニューの最上段にあった「支那そば(650円)」を注文。待つこと5分ぐらいで丼着。見た感じ、具に、チャーシュー(三切れ)、メンマ、ノリ(一枚)、ネギがのっかっていて、スープは、透明な油がたっぷり浮いた下層は少し濁りのある琥珀色の醤油ラーメン風。喰ってみると、スープは、醤油味で魚介系がベースで動物も入っていそうな感のじんわり染み入る四谷の「こうや」や三軒茶屋の「茂木」に似た系列のものと比較すると味は薄め。老舗と言うことでじっくり味あわせていただける一杯だった。麺は、カタメで細く断面が四角の縮れがあるシコシコした食感。具のチャーシューは、ハムっぽい感じだったが旨かった。堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。