なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00過ぎに到着したところ、丁度開店準備をしているところだったので入店。先客無し後客2名。店内は、割と小ぢんまりとしておりL字カウンターのみが設えられている。非常に清潔にされており居心地良好。若い店主1人による切り盛りで、接客は物静かな感じだが丁寧で好感が持てる。

心惹かれた本メニューを選択。暫く待って着丼。

スープは、醤油の色目が強めに出ている。表層には適量の液体油。
飲んでみると、これが実に旨い。最初から感嘆してしまった。魚介系の出汁感は複合的な旨みを有しており、心地良い渋み、ナチュラルな甘み等が口中を満たして飽きさせない。その中でも強い主張をしているのはカツオだろうか。特に後半、そのコク、旨みが強くなって来るように感じられた。若干のザラつきも感じるが全く問題の無いレベル。個人的には、寧ろ、この位やってくれた方が力強さが出て良いと思う。
そして、醤油の効き方がこれまた絶妙。塩分のトガりは抑えられているのだが、味はキッチリと引き締められている。コク、風味の点でも申し分無し。何よりも、魚介系出汁感と一体化している点が素晴らしい。
鶏出汁のコク、旨みもしっかりと出ており、下支え以上の役割を果たしている。表層液体油のフォローも有り、ラーメンとして不足皆無の厚みのある味わいが形成されており申し分無し。
実に旨い。最後まで全く飽きず。結局、完飲してしまった。

麺は、ストレートの中細麺。加水は中程度といったところか。
食べてみると、しっかりと茹で上げられておりしなやかなのだが、十分なコシは残されている。噛み切る際にはグニッという抵抗が感じられ、咀嚼を楽しめる。スープとの相性は申し分無し。表面滑らかで喉越しも良好。
量は、淡麗系として標準的といったところか。もう少し食べてみたかった気もする。

具として、チャーシューは中サイズのもの2枚と小サイズのもの1枚。前者の中、1枚は鶏チャーシュー。薄い味付けでプレーンな旨みとシットリ食感を楽しめる。豚2枚は適度な歯ごたえが有りジューシー。味付けも良く非常に美味。
穂先メンマは2本。穂先にしてはやや強めの食感と味付けが個人的嗜好からはズレるが、上質感は高いもの。
岩海苔は適量浮かぶ。風味が強過ぎず、程好いバランスで磯の香りをもたらしていた。
他に細かく刻まれたネギ、ナルト。いずれもこの一杯にマッチしていると思う。

細部まで隙無し。この作り込み具合は実に素晴らしい。上質感に溢れる一杯を堪能する事が出来て大満足。それにしても、改めて感じたのは、経堂というエリアは質の高いラーメン店が多過ぎる。個人的には、こちら、その中でも最上位クラスの実力店だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。