なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「小ラーメン(野菜・にんにく)」@ラーメン二郎 千住大橋駅前店の写真今日は愛娘と埼玉県久喜市までいちご狩りに出掛けた。
現地に到着してチケットを買うと、送迎バス乗り場を案内された。
バス乗り場には80人ほどの行列。
そこで30分ほど待たされて、バスに揺られること約10分。
JAとの契約農家のビニールハウスへ到着した。
30分食べ放題で食べた数は28個。
ちなみに娘は45個も食べたらしい。

朝からなぜか不機嫌な娘をラーメン屋に誘ってみるが、行かないとのこと。
仕方がないので、娘を自宅へ送り届けてから、こちらへお邪魔することにした。

10日振りの再訪。
今、私が一番ハマっている二郎でもある。
今日はGWの臨時営業日のため午後2時までの営業だった。

午後1時20分、表記&生卵の食券を買ってから、7名の待ち人に接続。
ドカ食いの気休めアイテムである「黒烏龍茶」を自販機にて購入。

同時35分、店外にて助手による食券確認あり。
5分ほどで店内へ入り、店主さんの左斜め前の席に陣取る。

カウンター上を必ず拭いて、布巾もこまめに交換する店なんですねぇ。

同時52分、ロット最初にコール確認があって表記をコールして着丼。
ここはカウンター左からのコール確認がデフォなのかな。
液体油&背脂ガッツリ二郎なので、たぶん合うのではないかと思い、人生初の「野菜マシ」にしてみた。
もちろん麺量が多いことは百も承知の上でのことだ。

レンゲがないので、まずは野菜の山に穴を開けて、麺を引っ張り出して食らう。
デロリアン垂涎のデロっぷりで、液体油を全身に纏っておりメチャクチャ熱い。
引っ張り出した麺と野菜を合わせて食らおうとするが、これがなかなか至難の技だった。
そろそろイケそうだなと思い、ここで天地返しをする。
野菜マシはバージンゆえに、モヤシが2本カウンターへダイブした。
うわぁ〜、麺がカエシ色に染まっていて、メチャ美味そうじゃまいか!

って、やっぱー美味ぁぁぁぁあああああああああーーーいっっ!!!

まさにネ申麺の域に達してるね、この味と食感はさ。
確かに本流ではないけれど、やっぱ美味いものは美味いで間違いないっしょ〜♪

モヤシ率高めの野菜は、ややシャキ感の残るもので、デフォだと少ないが、コールするとそれなりの量が盛られている。
豚2枚は小さくて厚切りのもので、いずれもパサで赤身メインだが味はさして悪くない。
ニンニク量は多めで辛味の強いものだったので、少しずつ溶かしながら麺に絡めて食べ進めた。

今日はややカエシが強めのスープなので、中盤に生卵を投入。
ショッパー地獄になることなく、麺と具材を食べ終えた後、スープを何口か飲んでみる。
カエシの立った豚感ある美味しいスープだったが、プカプカと浮かんだ背脂に恐れをなして、もちろん完飲はせずに丼を置いた。

同2時2分(閉店時間後)、退店時の並びは12名だった。


ほんとに美味しいね千住二郎。
液体油&背脂&化調ガッツリで麺は加水率高めでスープをガンガン吸って、まさにジャンクの極みな二郎だけど。
ただ、半年間二郎に通い続けて、たどり着いた答えは、ここだった気がしている。
今後自宅へ帰った際は必ずここへ寄ることにしようと思う。



〜私の稚拙なレビュー更新を楽しみにして下さっている数少ない方々へ〜
いつも私のレビューをお読み下さって、誠にありがとうございます。
この度、ダイエット完了までの2、3ヶ月は、しばし更新をペースダウンすることに決めました。
もしかしたら、その間に1本もレビューをUPしないかもしれません。
しかし、またイケメン男子に戻った際は、ガンガン二郎食べまくって、今まで同様に「適正評価」をかましていきますので、その日まで楽しみにお待ち下さい。
〜by不死身のてっちん♂〜



また伺います。
どうもごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 13件

コメント

まだコメントがありません。