なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 麺処 善龍
住所 〒173-0014 東京都板橋区大山東町28-10
このお店は「埼玉県川越市鯨井544-1」に移転しています。
電話番号 -
営業時間 11:30~14:30/17:30~22:00
席数 カウンター10席
喫煙 禁煙
最寄り駅
都営三田線『板橋区役所前駅』(310m)
マップで周辺を見る
駐車場 駐車場なし
開店日 2016年6月7日
メニュー

醤油そば 730円
塩そば 730円
つけそば(中盛り無料)780円
鯛白湯そば(中盛り以上不可)780円
イカ煮干しそば 780円
中盛5... 続きを見る

醤油そば 730円
塩そば 730円
つけそば(中盛り無料)780円
鯛白湯そば(中盛り以上不可)780円
イカ煮干しそば 780円
中盛50円 大盛150円 特盛250円
味玉 ネギ トッピング(各) 半ライス 各100円
チャーシュー盛合せ350円 レアチャーシュー丼(大)
チャーシュー丼(大) そぼろ丼 各350円
メンマ盛合せ レアチャーシュー丼
チャーシュー丼 味玉丼 各200円
元に戻す

外部リンク
初レビュアー取材馬鹿”九龍”トリセツ論者(2016年6月7日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
2018年10月7日変更 運営事務局による変更
75.081ポイント
レビュー件数 29
レビューユーザー数 27
平均点 83.069
総合順位 1,007位
スキ 1
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

麺処 善龍のレビューピックアップ

このレビューは移転前のものです。

「鯛白湯そば 中盛り サービス卵」@麺処 善龍の写真18年6月6日13時30分頃訪問。
待ちなく着席も、直前がグループだったため少し時間がかかる旨が伝えられる。
またランチタイムの半ライスが終了していて、その代わりに卵のサービスと告げられる。

15分ほどで提供。

白濁したスープは見るからにほかの魚介系と違う。
口に含んでも燻したような風味。
やや... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「鯛白湯そば」@麺処 善龍の写真小雨でむしむしあいにくの天気の中
仕事で訪れた商店街に
なんだか見たことある店名の看板が!
板橋本にのってたとこだ!
ちょっと早いけどこれは頂かねば(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

11時すぎくらい?たぶん一番乗り!
11時半オープンだと思ってたからラッキー✨

白湯だいすきなの... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85
このレビューは移転前のものです。

「つけそば(780円)」@麺処 善龍の写真麺屋 善龍にて。板橋区役所前駅付近の大山東町商店街の一角にあるラーメン店。数件隣に、これまた評判のラーメン店Morrisもあり、少し離れるとまたある。東京は本当に羨ましい!

さてさて、つけそば。12時前に来店したせいか、暑いところ来店有り難うございます、と烏龍茶のサービス。ひとりで切り盛りしていたにもかかわらず、丁寧な接客に好感を持つ。

で、しばらく待つ... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「鯛白湯 780円・中盛 50円」@麺処 善龍の写真初訪問。サービス精神旺盛な店主の計らいで卵サービス、烏龍茶もサービスとの事でした。
着丼してまず最初にスープを啜ろうと思いきや、ドロドロした感じのスープにびっくり。中盛にしたからスープが少なく感じるのかもしれない。
一口目鯛の風味が口に広がる。美味しい。他の具材は最近はやりのレアチャーシューと鶏ささみ、連結シナチクでした。鶏ささみはあまり好みではないですね。食感が好きでないし、... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82
このレビューは移転前のものです。

「塩そば」@麺処 善龍の写真2018年3月30日

鶏などを使ったスープは透き通っていて綺麗な仕上がりになっています。あっさりしていますが鶏などの旨味がとてもよく出ていて物足りなさはなくうまいです。シンプルな清湯スープという感じですが旨味が凝縮されているもので雑味などもなく万人受けしそうです。麺は細ストレート麺でスープとも合いなかなかです。チャーシューは豚と鶏で低温調理されていてうまいです。味玉は半熟でう... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

麺処 善龍のお店情報掲示板

【取材事項】

【取材事項】
店主は東十条にある某有名店にて修行経験あり。
(開店の祝花は修行先の店主名義で届けられているが、
あちらの店舗から比較的近場ということもあり修行先非公開を懇願される)
「鯛白湯そば」のスープは鮮魚系の醤油味で、
他店と比べて鯛アラを大量に惜しげもなく使用。
それに鶏白湯を合わせて濃厚に仕立てる。
「つけそば」は魚介系の白湯ながら、あっさりとした口当たりとのこと。
製麺は縁あって、かの名店中華そば 四つ葉と同じ村上朝日製麺所によるもの。
鯛白湯そばで麺量は一玉150g。
(店主自身は製麺技術があるものの、店の狭いスペースの関係上、
製麺機が置けないので外部に発注)
トッピングのロゼカラーの低温調理のチャーシューは
下味として赤ワインに漬け込み、
味玉はブランデーに漬け込むという修行先を踏襲した技法を用いる。
(以上は取材より)

飲物はジャスミンティーor水。

しばらくの間
・イカ煮干しそば・鯛白湯そば・つけそばのみの御提供となります。
※上記は2016年6月7日現在、券売機掲示より。
営業が落ち着いたら他メニューも順次発売予定(取材より)。