なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

15:00頃訪問。この時間でもそれなりに他客がいて、安定した営業ぶりがうかがわれる。店内は割と広めで、1列のカウンターの他、テーブル席も充実。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。家族連れ等にも向いていそうだ。男性2名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。好みは全て「普通」で頼んだ。18:00までは麺大盛とライスバーが無料サービスのようで、麺は普通盛で頼み、セルフでライスを取りに行った。暫く待って配膳。

スープは、ライトな色合いに茶濁。軽いトロみが感じられ、表層液体油はやや多め。
飲んでみると、味噌は濃厚という程では無いが、しっかりと感じられる。白味噌のまろやかさ、酸味が基調となっているが、タレを入れ過ぎではないだろうか。バランスが悪く、ショッパさも気になってしまうレベル。
ベースの豚骨は、如何にもこの系列らしい妙にクリーミーな出汁感となっている。コクはそれなりに確保されているが、一言で言うと、不自然としか思えない味わいだ。個人的には、乳製品に通じるニュアンス、口中粘膜や胃壁にベタつくような質感が到底受け入れられず、全然レンゲが進まない。
このような味わいなので、卓上の味変アイテムを大量に投入。おろしニンニク、刻み生姜、豆板醤、黒胡椒、白胡麻、辣油をブチ込んで誤魔化しながら食べ進めた。それでも、スープ単体で飲む気は全然起きなかった。

麺は、軽いうねりを帯びた中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。特に優れているとは思えないが、この一杯に於いて十分に役割を果たしていると思う。
量は、家系として普通位。食べ放題のライスと合わせれば、幾らでも満腹になれる。ただ、この店として「ラーメンにライスが合う」事を謳っているが、個人的には、全然そうは思えない。

具として、チャーシューは薄いものが1枚。軽く炙りが入っており、肉質、味付け共に可も無く不可も無くという感じ。
ホウレン草は、家系らしくクタらされたもの。
他に、大判の海苔3枚、ウズラ、刻み葱といったところ。まあ、標準的な内容と言えるだろう。

兎に角、不自然極まりない味わいに閉口。こちらのラーメン、自分には合わないのだとつくづく実感させられた。気前の良いサービスによる存在価値を加味してもこの点数。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。