なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「こく塩…800円」@鶏こく中華 すず喜の写真毎度~

いつものように、芦毛の怪物ゴールドピッケの散歩をしとったら、これまたいつものように店先でんこ様してもうたんで謝罪と賠償を申し出ると、強面のご主人が「こく塩、食うていきんさい」と仰ってくれたんでゴールドピッケを店先につなぎ暖簾をくぐる。

入店後、6分69秒069で、熱々のラーメンがご主人自らの手により、わちきのもとへとどけられスープを一口、「うますーさんいぉぉぉおおおお~~~」ぉぉぉおおおお~~~

スープは、鶏清濁湯魚介塩。
鶏感ベースに、先行する節感と追従する煮干感が心地よく、丼内で舞を舞うような印象。

麺は、三河屋製麺製特注麺とのこと。
スープがループにプールする、スープール絡み三段活用上級認定。

具は、炙りのはいった低温鶏チャーシューがメインに、味玉と薬味系。
スープや麺にマッチした印象で、うまみっぴぃな鶏チャーシューは4枚入りと嬉しい悲鳴。

あっ!という間に完食完飲。

【味】95【CP】+2【スープール】+1【マッスル不在減点】-1【祝新店】+1

総評。芳醇な鶏の舞台を節が軽やかに舞を舞う印象のラーメンで、わちきが経験したラーメンではありそうであまりない味わいが新鮮でウマシングでうまみっぴぃなラーメンやね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。